2013年06月17日

May I start eating now? "Wait, wait! Let me take one more!"

rakugaki-t274.jpgrakugaki-t274s.jpg
【もう食べていい? 「待って待って、もう一枚】 SAI/FAVO (Windows8)
この前、駅で中学生か高校生の集団が「"ナニナニしてもらえませんか?"って英語でどうだっけ?」「んー、"Can you..."」「ちがうよ、それだと"あなたはできますか?"だよ」「どうだっけ?」なんていう会話をしており、そりゃ"Would you"か"Could you"、"Let you"だよなあ、とか思いつつも、実際の会話だったら"Can you"でもあとは気迫で通じるよなあ、などと思ったりしました。会話というのは相手がいるからなんとかなるので、テストでバツでもいいんです。と、外人が言ってた。

●Casio Exilim EX-Z3000 レビュー (その4)

最後。大事な大事な色のお話。

○メシマズカメラについて。
コンパクトデジカメを持ちあるいて、みなさんいったい、何の写真を一番撮っているのでしょうか。
それは、「料理」であり「食べ物」ではないかと思います。毎日の通勤通学で、代わり映えのする景色に出会うのは、せいぜい週末だけ。街なかスナップといっても、旅行でもないのに堂々と他人の写真が撮れるのは、せいぜいセミプロくらいです。

毎日必ず変わるものといえば、食べ物ですね。

さらに、食べ物には不思議な力が有るんですね。それは、他の写真と比べなくとも「この色はおかしい」と思わせること。

以前にチーバくんの写真で、「赤がおかしい」と書きました。
2013-04-28 13.26.55.jpg
IS05で撮影。

CIMG0135.jpg
EX-Z3000で撮影。
これ、実のところ、並べないと「おかしい」ことはわかりません。
でも、こちらはどうでしょうか?
CIMG0269.jpg
EX-Z3000で撮影。
「色がなんとなくおかしい」「おいしくなさそう」という感覚がわかるかと思います。こういうカメラのことを、個人的に最近「メシマズカメラ」と言っています。

一番最初に使った、ちゃんとしたデジカメはRicho Caplio G3というカメラでした。これが凄まじく「メシマズ」なのでした。特にパンを撮って「まずそう」と思ったのが始まり。

次に買ったのがCanon Powershot A590is。
IMG_0069.jpgIMG_0358.jpgIMG_0067.jpgIMG_1285.jpg
こちらがサンプルになりますが、色の再現度が高いのか、メシマズではありません。てっきりメシマズは昔のカメラだからで、最近のカメラはみんなこれくらい良い感じの写真が撮れるもんだと思い込んでいたフシがあります。甘かった。
IMG_6996.jpg
先ほどの(被写体としてはどうかと思うけど)ハンバーグ弁当をA590isで撮影したのがこちら。こちらなら問題ない写りかと思います。

○ホワイトバランスが極端すぎるEX-Z3000。
「そんなの、ホワイトバランスを設定すればええだけやろ?」って?
裏ワザ(?)、ホワイトバランスを日陰にして撮影、どや?
CIMG0185.jpg
ポテトサラダが蛍光黄色に光りました。
このカメラの場合は、ホワイトバランスオートに任せたほうが無難でしょう。セットも手間なので。

ちなみに、普通のデジカメや携帯電話では、室内撮影でホワイトバランス「日陰」にすると、その場の雰囲気を残しながらの自然な写りになることが多いようです。ぜひお試しください。


○色々比較。
CIMG0152.jpg
EX-Z3000 (多分WBいじった)

IMG_6955.jpg
A590is

CIMG0283.jpg
EX-Z3000

IMG_6986.jpg
A590is
色々比較するとわかってくるのですが、まずEX-Z3000が苦手としている色として、茶色があります。特に、肉、カツの衣、パンの茶色です。

次に苦手なのが、赤と緑。いずれかならまだしも、2色が出てくると、どちらかがダメになりますね。
CIMG0107.jpg
EX-Z3000
いちごとキウイは大の苦手。

CIMG0520.jpg
EX-Z3000。予想外に違和感がないのは刺身や寿司。茶色が少ないからでしょうか。

IMG_0009.jpg
A590isの寿司。まあこちらのほうが好きな色ですが、好みという程度の差。

○一旦結論。

・EX-Z3000は典型的なメシマズカメラです。
・メシマズカメラが苦手なのは、茶色。肉(ハンバーグ)、トンカツ、クロワッサンなどの茶色いパン。
・赤と緑が混在する料理も苦手。イチゴ、生春巻き、サラダ。


逆に考えると、ハンバーグとサラダが美味しそうに撮影できるコンパクトデジカメは、良いデジカメと言えます。

また、カシオの上位機種ZRシリーズはどうかと調べたところ、EX-ZR300でハンバーグサラダ付きという素晴らしい被写体を撮影してくれている人を見つけました。
http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/blog-entry-1019.html
似た色目です。最近のカシオの発色は、食べ物向きではないみたいですね。「(誰にでも)食べ物がおいしそうに写るように」の結果として、これはいかがなものかと思います。

○そんなこと言うなよ。
ということで、レタッチで修正する方法を。

ヒントを与えてくれたのは、先のチーバ君の写真です。
CIMG0135.jpg
この褪せた赤をどうにかして直そうかと考え、改善すべき点を以下のように仮定しました。

・彩度が足りていないので、彩度を上げる。
・全体に青かぶりしているようなので、青を下げる。
・濃淡が薄いので、コントラストをつける。


Photoshop Elementsで、彩度+20, レベル補正からRGBのブルーのチャンネルの出力レベルを下げ(最大220くらい)、若干コントラストをつけました(+7くらい)。ブルーチャンネルとコントラストは少しいじるだけで相当変わるので、画像を見ながら調整が必要です。
CIMG0135b.jpg
結果がこちら。これなら文句ないんじゃない?

同じ事を食べ物写真でもチャレンジ。
CIMG0107b.jpg
グリーンが弱いけど、イチゴがかなりましになった。

CIMG0269b.jpg
ハンバーグ弁当もこのとおり。

CIMG0283b.jpg
極端な電球ライティングですが、レタスの緑はうまく出たかな。

今回は有料のPhotoshop Elementsを使用していますが、

・Artweaver Free
http://www.artweaver.de/

・GIMP
http://www.geocities.jp/gimproject2/download/gimp-download.html

・Paint.NET
http://wm.tamagawa.ac.jp/manual/Bb/user/Soft/Paiint.NET%20V3.35/Paint.NET%20V3.35%200-1.html

などのフリーのソフトでも十分対応可能です。最近はAndroid等のアプリでもできます。

○結論その2。

・EX-Z3000(およびCasio Exilimの一部機種)はメシマズカメラであるが、補正すれば十分使える。
・ホワイトバランスを変にいじるよりも、オートで撮って、後でなんとかする方が良い。
・ハンバーグ(サラダ付)を撮れば、デジカメの実力の何割かがわかる。
・デジカメWatchなど、カメラ系マスコミのコンパクトデジカメのレビューに「食べ物撮り比べ比較」が欲しい。


最後のは切に。携帯電話も含め、食べ物撮りの良し悪しにニーズはありますよ。
posted by tikuo (ちくお) at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔します。EX-ZRで検索してこちらのブログにたどり着きました。
カシオのカメラはZ3000あたりの機種はホワイトバランスが良くないようです。
現在出ているZRシリーズはホワイトバランスがおかしくなるのを修正してありまして、幾らかマシに写ります。(私はEX-ZR300を使っています)
カシオのカメラは色が他社製品に比べて淡く写りますので、画質設定で彩度とコントラストを高めにしてみては如何でしょうか?
私は彩度が高い写真はあまり好きでは無いので、カシオのカメラが吐き出す標準の写りの「薄さ」が気に入ってます。
記憶に残っている色ではなく、目の前の実際の色に近いからです。
まぁ所詮は好みの問題なので合わないものは合わない、で良いと思います。
お邪魔しました。
Posted by nanac(ナナシー) at 2013年06月22日 21:56
>ナナシーさん

コメントありがとうございます。文中にも書いていますが、ほとんどの場合、色の違いは比べないと解りませんし、彩度の強弱には好みがあるかと思います。

しかしながら、「食べ物をおいしそうに撮れる」というのはコンパクトデジカメと携帯電話のカメラに求められている最大のニーズの1つで、正確さよりも「いかにおいしそうか」という事が重要になります。そのために彩度の強いカメラが求められるのは今の時代仕方ないんじゃないでしょうかね。その点、CasioのExilimシリーズはビハインドがあるとしか言えません。

また、一つ前の記事の時に書いた根本的な欠点として、EX-Z3000の持つ液晶において、非常に彩度(特に赤)が実際よりも鮮やかに表示されるのは、ユーザーを騙すことになっていて好感は持てません。

今回の記事は、Exilimの弱さと言うよりも、食べ物を撮ることの奥深さについて書いたつもりです。そのために5つ以上のモニターで色を確認しています。

(追記)
「彩度を上げて撮影」の意味がわかりました。Z2300(Z3000の前の機種)には、撮影時の彩度やコントラスト、シャープネスを+/-で補正する機能があるようで、Z400にもあったのかな?
残念ながら、Z3000には無いようなので、撮影後の補正は必須になります。
Posted by ちくお at 2013年06月23日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック