2019年12月15日

Christmas Concert

rakugaki0429s.png
【クリスマスコンサート】SAI2/Intuous
なんか久しぶりの投稿。イラストの書き方を忘れていて、我ながらひどい。年内もう1度更新できたら良いなとは思ってますが。
で、イラスト。ES-335です。以前にも描いてまして、
https://tikuo.seesaa.net/article/52786373.html
以前のほうがちゃんと描いてる。イバニーズかヤマハのコピー物という感じ。なんでよく描くかというと、好きなんですね。憧れのギターの一つ。もう一つ。これまで避けまくってきた、木管金管楽器を描いてみた。パーツのたぐいは適当なので、ぜんぜん違うというツッコミは勘弁。

●楽器部屋現状。
特に秋以降増えてないんだけど、2019年は買ったね。買いまくり。今回もそのネタなんだけど、
・ショルダーキーボード (Yamaha SHS-10)。
・ギター1本。
・エコーマイク。
・エアコン (これはネタにならない)。
・Youtubeシステム(モニター用テレビとFire TV)。
・MTR (Zoom MRS-8)。
・MIDIシーケンサー (Yamaha QY-10)。
・マルチエフェクター (Zoom G1Xon).
・ボリュームペダル (Zoom FS-02)。
・ギターのヘッドホンアンプ (Vitoos プレキシサウンド)。
・ヘッドホン買い替え 3個。
書いてないものの一部は、2020年のネタにしますのでよろしく。

●ギター購入。

2019年5月にギターを買った。ギターの購入は高校以来なので、何十年ぶり?
昨今のハードオフなどの中古店では1000円だの3000円だので売られているので、ついでに修理や改造とやらもいっちょやってみるかという気になり、中古を1年ほど見ていた。
sCIMG1471.jpg

そして、予告のとおり赤いやつ。子供はピンクが良いと言ってたけど、ピンクは変形ギターしかなかったんよ。この話は後ほど。

○ギターの買い方。
今回買ったギターの話は後半でやるが、そちらはやってる人にしかわからない話なので、まず素人向けの話をしたい。

最近はなくなったけど、大学くらいまでに時々聞かれていたこと。
「ギターってどんなのを買えばいいの?」

答えはいつも
「好きなん買えばエエやん」
である。

○どんなギター/ベースを買えばいいの?

sCIMG1476.jpg

初めてギターやベースを買いたいが、何を買っていいかわからない人は、以下の3か条に沿って選ぶべし。

その1. 好きな形と色を決めるべし。
その2. 好きなミュージシャンが使っているのと同じ形と色を選ぶべし(ただしその3を除く)。
その3. 特徴の強いミュージシャンデザインモデルそのものは避け、似たものにするべし。
番外. ミニギターは絶対にやめておくこと。

終わり。これの優先順位をその1>2>3とチェックしていく。
音楽のジャンルや、載ってるピックアップは考えなくていいのかって?いーンです。そんなもんは、後からなんとでもなるし、セミアコでデスメタルだって、フライングVでファンクのカッティングだってできる。レスポールが好きなら、他のをおすすめされてもレスポールタイプを買いなさい。リズムギターだろうが、赤やピンクの目立つギターを使いたければそれを買うべき。

また、初心者は買っていきなり軽音部に持っていったり、スタジオにインする人はほとんどいないと思う。したがって、まずは家でギターを眺める日々が続く。その際に家に帰ったとき、持って鏡の前に立った時、ギターを見てワクワクできる物を買わないと、続くわけがないのである。学校終わりや仕事終わりに「今日もギターさわるぞ」と思えるギターを買うべき。さらに、ギターに限らず楽器ってのは無限に音を出せるわけで、ゲームと違って終わりが無い。今買って10年、20年後にもそのまま使っているかもしれない。10年経っても好きなモデルじゃないと。

また、ミュージシャンのデザインモデルというと、古い例ばかりでで申し訳ないが、エディ・ヴァンヘイレンのフランケン、ランディ・ローズの水玉、布袋寅泰のホワイトラインのテレ、高崎晃のミラーランダムスター、イングヴェイまるむし商店のアイボリースキャロップドのストラト(ウチにある)など、知ってる人がひと目見たらわかるモデルのこと。ビジュアル系バンドには多そう。それらはカラー違いや柄なしを選んだほうがいい。避けておきたい理由は、それを持って人前に出た途端「お、ヴァン・ヘイレンやん、"Jump"のソロ弾いてみて?」と言われるのである。そのモデルを持っているだけで、ひとランク上を期待されるのだ。この手のモデルを最初に買ってしまった人は、自宅から一切持ち出さないことになる可能性が他のモデルに比べてはるかに高まるのである。

番外のミニギター(アンプ付きが多い)は、ノーマルのチューニングでは音が安定しないため非常に使いにくい。大人用のショートスケール(ロングよりネックがせいぜい5cm短いだけ)でもチューニングが安定しないんだから、子供用ミニギターではそれ以上に困難であり、玄人以外は手を出すべきではない。

sCIMG1475.JPG

ZO-3がショートスケール。ヘッドからブリッジ(弦の下の端)までが、隣のストラトに比べて短いのがわかるだろうか。

また、初心者メーカーであるフォトジェニック、セルダー、レジェンド、バスカーズなど。楽器屋の店頭においてあるカラフルなやつは、周りにリペアなどをかじったことのある人がいる場合を除き、最初は避けておくとベター。初心者であればもうひとランクだけでいいので、上のものを購入しておくべき。初心者ギターに起こるトラブルが皆無ということだって有る。

一言でまとめると「見ていてテンションの上がるモデルを買っておけば間違いない」。

○新品で買うなら?
楽器屋さんで聞いてください。長らく新品楽器を購入しようと思ったことがないのでわかりません。
基本は上記の通り、まずは見た目で選んでOK。

この間、スクワイヤ(Squire, by Fender)およびアイバニーズGIOという、一流メーカーの廉価ラインの新品を山野楽器で見たけれども、新品の段階でフレットが飛び出しており、そのままだと指の切れる状態と、ちょっとメーカー品としてダメなんじゃないの?というレベル。

rakugaki0430.png

購入の際には削ってもらえても、数年でネックが痩せて再発するかもしれない。ちなみにフレットの飛び出しは、中古で購入する際にも最初にチェックしたいところ。模型用の小さいヤスリで削ることで症状は改善し、数年ごとに2〜3回もやれば落ち着くと思うが、素人には大変だと思う。

でもまあ、ウチらの世代だと、安くて3万、5万ないとそもそもギターが買えなかったし、買ってもアンプ無しでラジカセに接続だったり、高校生にはヘッドホンの使えるマルチエフェクターなんて高嶺の花だった。今の若い人たちは、お手軽に始められていいよなあ。

Tomson Guitar.jpg

我々世代の「安くて怪しいギター」といえばこれ。このアフロの人はともかくとして、こんなパチモンのギターでも、29,800円はしたんだから。

○中古で買うなら?
ずっと初心者は、中古ギターは抵抗があるから避けるものと思っていた。しかし、個人的に最近はちょっと考えが変わってきた。
中古であってもちゃんと整備されているものであれば、新品より良いものも多いと思う。その中古を買う店だけど、イケベやイシバシ、下倉といった、老舗の中古ショップでも良いが、ハードオフでも十分良いものを買うことはできると思う。なので、ハードオフで買う場合を想定して書く。

ハードオフは、店舗によって、ちゃんとギターの整備ができるスタッフが常駐していることが有る。見分け方はかなり簡単で、売っている中古ギターを見て回り、「美品、付属品あり」程度しか書かれていなければやめておくこと。特にジャンクコーナーで、「トーンにガリあり」は、一応チェックしたのかな?と思える。他には、「トラスロッド限界まで締めても順反りです」「ピックアップが純正品から交換されています」みたいなわかっているようなコメントが有る店が良い。

そういう店であれば、ダメなものはジャンクに、そうでないものは一度可能な限り調整をしてみたり、クリーニングをしている可能性が高い。したがって、ある程度より値段の張るものは、すぐに普通に使えると見ることができる。

その中での狙い目は、5,000〜15,000円のもの。3万円以上出すのであれば、楽器店に行ったほうが良い。
メーカー・ブランドとしては

・フェルナンデス/バーニー (イチオシ)
・アリアプロII
・ヤマハ パシフィカ
・グレコ
・ビル・ローレンス
・エピフォン
・オービル

こんなもんですかね。

まとめ狙い目は「日本の中堅ブランド」。最近ジャパンビンテージなる言い方でブームになっているが、それよりもちょっと後あたりのリーズナブルなモデルである。

○さて本題。
sCIMG0566.jpg

今回買ったのは、レジェンドという安ブランド。一応アリアプロが制作しているので、安ギター界ではややクオリティが高いとされていて、若干値段は高め。でも材は安いものを使っているため、耐久性などはそれなりである。マッチングヘッド(ボディと同色)だが、モデル名はLST-XまたはZのいずれか不明。分解したら製作年くらいはわかるかも。

さて気を取り直して、税込み3240円から、クーポン使用で500円引き。ジャンク理由は書かれていない。楽器を買ったときの悩みで、どうやって持って帰ろうかと思っていたら、横に324円のソフトケースが有ったのでそれを購入。今回の探した基準は赤, ピンク等暖色系。レスポールもいいけど、昔やってみたかった改造ベースにしたいのでストラト、3シングルPUタイプ(譲歩してSSHもあり)。

話戻って、フェンダージャパンのストラトに比べると軽く、材質とザグリ、小さいイナーシャブロック(ブリッジ部の金属ブロック)あたりに起因するのではないかと思う。

・どこがジャンク?
sCIMG0563.jpg
トラスロッドが緩めても順反りで、これがジャンクの理由。弦高はそこそこで気にならないし、12Fでの1オクターブ上のEコードでも違和感がないように調整されており、十分弾きやすい。

sCIMG1470.jpg
塗装が所々割れてるけど、こういうのは問題ない。

sCIMG0564.jpg
ネジが2箇所ない。しかし、はずれなければOKなのだ。

ところで、ピックアップのマグネットやカバーが面取りされて丸くなっているところが、パチもんのオモチャぽくて胡散臭い。
sCIMG1468.jpg
sCIMG1469.jpg

・音。

トーンをフルテンにして弾いてみると、すべてのピックアップで、中音域がバーンとくるパワフルで元気な音。特にリアはストラトのリアはこうであってほしいという感じの音で、安ギターだからペナペナの音を期待していたのは裏切られた。意外にセンターピックアップのみという弾き方も悪くなさそうだ。

センターとフロントのトーンは結構効く。フェンダーと比べると、トーンを絞ったときに音が太くなるよりは、音が遠くなる感じ。トーンはあんまり絞らないほうが良さそうだ。

sCIMG1467.jpg

しかし、ボリュームとトーンのノブが2mmくらい浮いているのはいかがなものか。カッティングすると、出っ張っているのと、ノブの廻りが軽いので、右手が軽く当たるだけでボリュームが下がってしまう。

sCIMG1473.jpg

そこで対策。以前に書いていた「ゴムワッシャー M10」をボリュームの下に挟む。これでほとんど動かない。動かなさすぎて、ボリューム奏法みたいなことは無理だな。

○そんでもって。

Yibuy.jpg
・Yibuyのデュアルレールハムバッカー、85mm。
以前からやってみたかった改造材料として、アマゾンで1000円のシングルサイズのツインレールのピックアップを買った。元々はフェンダーのノイズ対策でそれがやりたかったのだが、オリジナルを変えるのに躊躇してたんだよね。しかし、このレジェンド、結構ノーマルのシングルコイルのままでもノイズも少なく音も太くていい感じなのである。いっそ開き直って、フェンダーの方に付けようか悩み中。接触が悪くなった5 way スイッチの交換もしたいし、ついでに替えてみる?

いつか激安ベースを買うような気がするなあ。買うならカラー物(スティーブ・ハリスみたいなブルーなど)。ベースを活かすために(?)MTRも買ってしまったし…。
posted by tikuo (ちくお) at 11:47| Comment(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする