2014年09月16日

【モブログ】氷結となんか。

DSC_0278~01.jpg
「ビールとじゃがりこ」に微塵もかすってない。

関東で地震があったようだけど、実はまだ滋賀県あたりを走っているのでよくわかっていません。

千葉は震度3だから、大丈夫だろ。走っている地域の問題だと思うけれど、ワンセグがぜんぜん入りません。ワンセグとの勝負は格安SIMの勝ち。

9月の夏休みはひとまず終わり。赤ちゃん絡みのイベントをこなしてきました。あと9月は祭が残ってます。
posted by tikuo (ちくお) at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | moblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

A shower in the end of summer.

rakugaki337.png
rakugaki337s.png
【夏の終わりのシャワー】SAI/Bamboo
いまいち不調なので、100のお題はお休み。「シャワー」は、雨もだけど、ひまわりってシャワーに似てない?っていうこと。アップロードしてから気がついたけど、長辺1000pixなんてでかいまま投稿してた。

●最近のこと(自分用メモ)。
先々週に赤ちゃんの様子を見てきてから、ちょっと気合を入れて仕事。ドイツから帰ってきてから、漠然と「ちゃんと」仕事をしていたのだけど、この2週間はどこを微調整すれば、いい感じの結果が出るかという本調子まで戻した…つもりだったのだけど、今日ものすごいミスをやらかしてしまってガッカリだよ。この10年で3回めのミス。もうね、笑うしか無かったですね。

世の中ではデング熱ですか。ひとり暮らしの間に、一度くらい東京方面で1人ぶらぶらしようかと思っていましたが、東京に近づくのが難しくなりました。

ていうか、今日ちょうど代々木公園に続き、新宿中央公園でも見つかったって話です。これが何を意味するかというと、ウイルスはもうとっくに日本中で蔓延しているということです。東京でヤブ蚊に刺されようが、千葉で刺されようが、大阪で刺されようが、鹿児島で刺されようが、同じくらいの確率でデング熱にかかるってことです。

理由は2つ。1つは人口密集地で見つかったこと。人が多ければ発症した人が見つかりやすいのは当然の話。もう一つは感染経路。ヒト(動物)→カ→ヒト(動物)→カ→…と世代によってキャリアが入れ替わるので、複数のウイルス陽性の蚊がいるという時点で何世代か世代が経過しているということ。その間にヒトはあっちこっちに散らばってます。

したがって、今年は全国どこにいてももう蚊に刺されないようにする以外、対応策はないんですね。行政とマスコミがアホみたいな対応をしていますが、あんなのほっといて自衛するしかない状態。特に赤ちゃんに感染させるわけにいかない。

●親バカ日記。
2週間前になりますが、目の前で口をパカっと開けたりすると、それを見てニーッと笑うようになりました。こうなると俄然お世話が楽しくなりますね。口につばをいっぱいためて、顔全体でわらう赤ちゃんスマイルの破壊力はすごい。それから2週間になるので、また変わってるんだろうなあ。

●高校生とワタシ。

この夏も、高校生を教える機会がありました。

去年は
http://tikuo.seesaa.net/article/374121579.html
こんなことを書いていましたが、今年の学生は、「スーパーマン」も「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も知っていました。去年と同じ生まれ年なので、おそらく高校に入る1年位でみんな映画を急に見るようになるのであろう、というのはウソ。おそらく親の教育方針が去年の学生達と違った。

一つは、親の世代が思っていたよりも上だったのもある。「皆さんのご両親と、ワタシと多分同い年くらいだから」と言ってみたのだけど、どうやら今年の学生の親はもっと上の世代(+10前後)だった模様。

そして、3日間をかけてこちらから餌をまいて、ズルズルと情報を引きずり出す。中学生はうるさいのに高校生ともなると急に喋らなくなるので、いろんなことを聞き出すのも大変なんですよね。毎年のことながら、一人に火を投げたら、あとは学生たち同士で延焼しながら勝手にしゃべり始めるのを見ているのが、彼らとのコミュニケーションの醍醐味であります。彼ら自身、知らない同学年と話す楽しみもあるだろうし。

rakugaki338.png
そうやって聞き出してわかってくることとして、まあやっぱり、現代っ子はみんなアニメは好きなんですな。残念ながら、アニメに関してはこちらが情報を持ち合わせていないんですけれども。

また、今年の学生は、結構本を読んでいる印象を受けました。4人中3人まで、「最近読んだ本」を上げられるし、売れ筋のあたりは既に読んでいたりして、なかなか侮れません。もしも自分が国語教師なら、「高校生はどんな本を読んでいるのか」という情報を知りたいためだけに、読書感想文を書かせるのもアリだな、なんて思ってしまったのでした。

その中で引っかかったのが、「親は漫画を読まない。ゲームもしない」とのこと。世代的にワタクシよりも一回り上というのもあるけれども、ウチの職場の一回り上の人は「『聖☆おにいさん』面白いでしょー、なんで1巻しか持ってないの?貸すよ」とか言ってくるんですがね。

たしかにウチの両親が漫画を読んでいるところって見たこともないし、人の親になり、子供がある年代になったら、そういうことを諦めないといけないんでしょうか。どう思います?

さて、その最終日にネズミを見せるという行事があります。研究用のマウスで、大きい物でしっぽを除いて10cmくらい。小さいものは重さ20g程度のものです。そうするとだいたい毎年「これって、スナネズミですか?」と聞いてくる人がいるわけ。

なんで?

「『動物のお医者さん』で見たんです」

なんでそんなの知ってるの?

「母が持っているので」

両親は漫画を読まないって言ってたのに?

しかし毎年、佐々木倫子の『動物のお医者さん』の普及率は凄いなと。
CIMG0419.JPG
ええ、ウチにもありますよ(買っといてよかった…)。

○「夢」ってなんだろう?

最終日のいちばん最後に、上記のようなコミュニケーションではなく、あらかじめ作った質問を発表してもらったわけですが、今年困った質問。

「何歳ぐらいで将来の夢が出来ましたか?」

背景には、今仕事をしている我々が「夢を叶えて」今の職にあるであろうと考えているらしい。しかし実のところ、大学も適当に選んで、受かる大学院に入って、あとは目の前にあった募集であっちこっち行った結果が今の仕事なので、正直なところ、わかりません。これは夢だったといえるのか?

rakugaki339.png
「夢」とか「希望」というぼんやりした言葉で、ただでさえ理系文系、大学を迷っている高校生は自分たちで将来を縛っているのだなあ、と。正直なところ。本来「夢」ってもっとテキトーなもんじゃないんですかね。楽器がうまくなりたいとか、有名になりたいとか、面白いものを作りたいとか。「夢」を将来に無理やりくっつけて、進路なんてピンポイントであるわけじゃないのに、大人が「将来の夢(つまり進路)を形にしなきゃダメだー」なんて無責任なことを言うのは、なんかひどいんじゃないかな。

狙いから外れたら人生失敗、なんていう窮屈な「夢」だったら、早いうちに捨ててしまっていいと思いますよ、ほんとに。

○ガンバレ、高校男子。

高校男子って、なんで喋れなくなるんですかね。

喋りかけると、首を傾げて、目は斜め上を見て泳ぎつつ、口は薄笑いで消え入りそうな声で「…ッスね…」みたいなしゃべり方になるのが半分以上。中学3年位までは空回りでギャーギャー喋ってるのが多いんだけどなあ。

そういう話をすると、ウチの親からは「あんたは反抗期がなかったから」って言われるんですね。確かに高校の時も、商店街とか個人商店のおばちゃんとやたらとしゃべり込んだり(喋りかけたくなるオーラを出していたらしい)、古本屋で主人と喋ったりしてた記憶が有る。逆に学校で「こいつだけには喋れる」と言う同級生がいなかったのも影響しているのかもしれない。

ちなみに、試しに受けた私立大学入試での面接の点数は、ものすごく悪かったそうです(内部に親戚がいる)。何をしゃべっていたのか忘れましたが、大人としゃべり慣れていて、あまりにもざっくばらんに話してしまったのがいけなかったんですかね。

ガンバレ、高校男子。喋れると(たぶん)モテるぞ。

●最近の写真。
CIMG0233.JPG
ドラッグ・アトム。
CIMG0241.JPG
モサラーシカ。
CIMG0230.JPG
あんた誰?
CIMG0416.JPG
覗いて(かれて)る。
CIMG0405.JPG
奥さんとチョコレート工場。
CIMG0290.JPG
船橋の駄菓子屋さん。
CIMG0288.JPG
山越え業?
CIMG0293.JPG
すぐぬるくなりそうな。
CIMG0410.JPG
サイズ感覚がおかしくなる野菜。
CIMG0411.JPG
夏も終わりですかねえ。今日はやけくそのミンミンゼミを見ました(写真はアブラゼミ)。

ではまた。
posted by tikuo (ちくお) at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

They stand in line to eat it.

rakugaki334.png
rakugaki334s.png

【並んで】SAI/FAVO
100のお題を今更やっています。12題目。キッチンにおいてある、ネットブックよりちょっと解像度のいいノートパソコンで描くと、1024x600という画面の狭いネットブックよりは楽。沢山の人を描くためには、ある程度の解像度が必要だよね。

京都の祇園にある辻利の抹茶ソフトクリームは、一年を通して(今の時期は特に)買うまで相当並ぶため、京都駅八条口にある辻利をおすすめしていたのは数年前。まだ並ばずに買えるんでしょうかね。

●子供2ヶ月目の記録。
rakugaki335.png
顔が真ん中に寄って(というか、周りが広がったのか)、生まれた時から相当顔つきが変わりました。生まれた時からフサフサの髪の毛は、おそらくワタクシ似です。すでに薄くカールがかかっています。いろんな人に「髪の毛で筆を作るといいよ」と言われるんだけど、その筆って使うんですかね?誰が?一生使えない筆なんだったら、単純に少しだけ切って、へその緒と保存しておく程度でいいんじゃないのかな。

先週、2ヶ月になった子供を見に帰ってきました。色々と発見があるので記録。

・人の顔を目で追う。リアルタイムで視線が動くようになる(半月前は0.5秒ほどラグが有った)。
・複数人がいる場合、母親(奥さん)の顔を見る率が高い。顔自体の認識もできるようになってきたかも。
・口元が笑っているようにみえることが多くなる(口角の筋肉がついた?)。
・くすぐるとニヤッと笑う、という反応に変化。寝ているときは声を出して笑うらしい。
・音に反応して、首を左右に動かす。
・連続して起きている時間が最長4時間位。
・眠くなった時のぐずりがひどくなる。そのくせ、なかなか寝ない。
・おしっこの回数、一日20回位。水分であるミルクから全ての栄養成分を取らなきゃいけないからなあ。
・ウンチのにおいに、酸っぱい臭いが混ざってきた。腸内環境の変化?
・まれに、声に反応して「あー」「うー」と返事のようなものをする。
・右手をしゃぶるということを覚えた。
・体重4.7kg。

○「子供」をここでなんと書くか。
今や定着している「奥さん」も同様なんだけど、どう書くかちょっと悩んでます。「娘」とか「娘っ子」とかいうのが楽なんでしょうか。名前を書くわけにもいかず、かと言っていちいち「子供」と書いてたら、うちの子なのかよその子なのかわかりにくい。「うちの子」って書くと、なんか冷たいし。うーむ。

○赤ちゃんの写真は、撮りようですよ。
今は実家に一眼レフを置いているので、子供の写真のほとんどは一眼レフで撮ります。やっぱりそれなりに写りもいい。ただ、ある程度成長してくると、子供の写真って、どうしても「昔の子供?」っていうような、貧相感が出がちだと思いません?

理由としては、ほっぺたがふくらんできて、相対的に目が小さくなってきて、外人の子供は何であんなにフォトジェニックなの、とか思ってませんか?

ウチでもそういう写真もたくさん量産してます。正直難しいです。でも、光の当たり具合や顔の方向によって、かなりキリッとしつつ可愛い写真が撮れるもんです。まずは外の日陰で撮ってみるといいかなと思います。逆光の窓際なんかでは、ほっぺたの膨らみが強調されたりしがちなので。あと、服が膨張色が多いのも影響しているのかも。

●一人暮らしネタ。
大学から10年以上一人暮らしをしてきましたが、6年間ブランクができると、結構変わってるもんですなあ。結構ギャップを感じることが有ります。

・卵が高い。
・1Lのジュースが安い。100%ジュースって100円で買えるのか。
・インスタントコーヒーの詰替えは少量だけ安く買えるので便利。お得かどうかは別問題だけど。
・プライベートブランドが増えて安くなった。異様に安いチューハイなど、怪しい物も増えた。
・餃子があんまり売ってない。毒餃子事件のせいか。
・新しく出来たスーパーの売場の把握に時間がかかる。
・食品が売っている薬局は便利だけど、賞味期限がギリギリだったりする。
・肉ってこんな値段だっけなあ、と思ったら、店によって全然違ったんだった。
・柔軟剤の良し悪しがわからず(昔は使ってなかった)。
rakugaki336.png
引きずり型の掃除機って、色んな所にガンガンぶつかるから、最終的に手で持って掃除してません?

●最近の写真。
CIMG0296.JPG
コクワガタのメス。落ちてたのを森に返してきた。角のやたら短いノコギリクワガタもいたけど、学生さんにあげた。
CIMG0319.JPG
実家の近所の今年2期目のツバメさん。
CIMG0354.JPG
CIMG0355.JPG
CIMG0366.JPG
8/14, 15は近所の花火大会でした。
CIMG0374.JPG
今日まで千葉駅周りはお祭。

CIMG0323.JPG
関西は「混雑時は電源OFF」が普通らしい。関東だと一様に「優先席周辺はOFF」だもんなあ。そのくせ優先席に座っている人が全員携帯いじってたりするし。
posted by tikuo (ちくお) at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

【モブログ】ひさしぶりに氷結とじゃがりこ。

DSC_0254~01.jpg
さすがに上りはまだすいています。

隣で
「おばあちゃんちに行って、夕ごはん食べたら帰るの?」
「じゃあ、おばあちゃんと一緒にずっとそのまま暮らすの?」
「スカイツリーがお山の上に見えるよ(ここは新大阪です。)」
とかしゃべってて、すごくかわいい。
posted by tikuo (ちくお) at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | moblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

Buy abundant.

rakugaki333.png
【大人買い】 SAI/FAVO

●やってもうた。
CIMG0303.JPG
何でディックが10冊も100円コーナーにあんねん。
前は、サンリオ文庫が100円コーナーに並んでたりしたし、おかしいやろ、あのブックオフ。

当分、ディックと伊坂幸太郎は買いません。

○今週お買い本(買いすぎ)

8/3
フィリップ・K・ディック 火星のタイムスリップ
フィリップ・K・ディック ヴァリス
フィリップ・K・ディック 虚空の眼
フィリップ・K・ディック 高い城の男
フィリップ・K・ディック フロリクス8から来た友人
フィリップ・K・ディック 流れよわが涙よと警官は言った
フィリップ・K・ディック 偶然世界
フィリップ・K・ディック 逆まわりの世界
フィリップ・K・ディック 去年を待ちながら
伊坂幸太郎 ゴールデンスランバー
伊藤計劃 虐殺器官
宮沢章夫 彼岸からの言葉
手塚治虫 ミッドナイト 文庫2

写真は2冊ほど抜けてました。

8/2
伊坂幸太郎 グラスホッパー
伊坂幸太郎 チルドレン

んー、しばらくは以前から狙っている本以外買わないでおこう。
あと、読まなきゃ。
タグ:
posted by tikuo (ちくお) at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

Summer Greeting 2014.

rakugaki331.png

【暑中お見舞い申し上げます】SAI/FAVO
暑くてタブレットに手がベタベタくっつくので、きれいな線を引く集中力が続きません。夏のほうがガシっとしっかりイラストを描ける傾向があるので、もうちょっと頑張ってみたい。

●最近のこと(自分用メモ)。

わー、8月になってしまった。5月の後半から早すぎる。ワールドカップも終わり、梅雨も終わり、暑い。いつものことですけど。

暑いとただでさえ寝苦しくなるわけですが、7/12の朝4時半に緊急地震速報で起こされてから、さらに睡眠が前倒しになりつつあります。ちなみに、MVNOのSIMを入れたXperia Arc (SO-01C)でも緊急地震速報が鳴りました。ついでに、7/28未明に千葉東方沖で地震があり(最大震度2)、その翌日だったかに微妙に千葉が震源で地震があったりして、またそろそろ注意した方が良い時期に来ているのかもしれません。昔から千葉に住んでいる人には「6〜7年に1回は来ますよ」と言われてはいるので。

さて、短期的に一人暮らしをしているので、休日も一人でということになるわけですが、真夏の昼間に家でクーラーをガンガンつけても非効率的なため、外に出ます。外にでるのは良いけれども、本屋と古本屋とスーパーの食料品売場以外で時間を潰すことが出来ないため、3時間位の予定で外出しているのに、1時間位で目的のところを見尽くしてしまって、いったい独身時代って、休日は何を見て過ごしていたんでしょうかね。涼しい時期だとひたすら徒歩で時間を潰せるものの、炎天下を歩くと命の危険すら感じる天候なので、余計に困ります。

●最近のお買い本。
7/27
伊坂幸太郎 オーデュボンの祈り
伊坂幸太郎 アヒルと鴨のコインロッカー
池井戸潤 シャイロックの子供たち
阿刀田高 ナポレオン狂

7/13
有川浩 阪急電車
伊坂幸太郎 終末のフール

7/12
恩田陸 夜のピクニック

6/28
小川洋子 カラーひよことコーヒー豆
100% Orange ドーナッツ! マイボー ゾウにのる
100% Orange ドーナッツ! マイボー 旅立ちの詩

最近は積極的に売れ筋作家に手を出しています。それぞれ、全作品揃えてやろうというモチベーションはないんですけどね。

有川浩って、文春と新潮で内容もデザインも、果てには解説まで同じ文庫本を出して揉めているそうで、なんか一筋縄ではいかないワガママ作家という立場になろうとしているんでしょうか。非常に読みやすく万人受けしやすい作風で、ウチの母親に見せたら「話に起伏がなさすぎ、ツマラン」と言われそうな人であります。しかし、文庫本の解説ってのは、出版社が依頼するもんじゃないんですね。知らんかった。最近の本の解説は、あまり面白いものがないので、あまり読まないんですけどね。

●MVNOを乗り換えることにしました。

世の中では、通話定額プランだのとリッチな人たち向けのプランが賑やかですが、こちとら電話にそんなにお金かけられんのじゃ、という話。

結論から言ってしまいますと、もう契約しました。あとは1年ちょっと使ったBIC SIM (972円/月、税込)を解約するだけです。乗り換えたのは、BB Excite 3G という、SIM 3枚で1188円/月(税込)というもの。
CIMG0186.JPG
・BB.exciteモバイルLTE
http://bb.excite.co.jp/lte/docomo/

「業界最安」ってやつです。単純に割り算すると、1台あたり396円/月(税込)

○きっかけはWi2 Premiumサービスの終了アナウンス。

これまでBIC SIMの圧倒的有利だった点として、Wi2 / Wi2 PremiumのWiFiが使えるという点がありました。千葉では、(ワタシが乗り降りする)ほぼ全ての駅、ショッピングモール、地下街、空港バス等などでWi2 Premiumの電波が飛んでいましたので、SIM無しのIS05やIS11PTでも、行く先々でネットが使えて便利でした。それこそ「SIMいらんやん」というくらいに。

しかし、2014年9月末でpremiumのサービスを終了するという話が発表になりました。

・Wi2「プレミアムエリアお試しキャンペーン」の新規受け付け終了について
 http://wi2.co.jp/jp/news/info/2014/03/wi2-3.html

・BICSIM契約特典の公衆無線LANはサービスが大幅に変更されます
 http://d.hatena.ne.jp/hinkyaku49/20140418/1397791464

じゃあプレミアムじゃないWiFi (Wi2/Wi2_club/Wifi_square)は使えるんでしょう?ということで、千葉駅付近を見てみるとこんな感じ。

・Wi2 300 公衆無線 > LANご利用可能エリア : JR千葉駅 5・6番線ホーム東京寄り
 http://300.wi2.co.jp/area/1/?clon=140.1145786&clat=35.6123861&ap_id=1120931&forward=map&isp=&postKey=5d7faa404e85c1482b07121fe8b20ae4

1か月前くらいには、ほぼすべてオレンジ(10月以降使えないpremium)だったので、一部切り替わっているものもありそうです。

ただし、実際に駅に行ってWiFiを探すと、premium以外のポイントは、駅からすこし離れたところでホソボソと見つかるくらい。ネットが使いたい時って、駅で電車を待つときだったりするので、居酒屋の中なんかで使えても意味が無いんですよね。BIC SIMの最大の利点は無くなったと言えます。ちなみに東京の都営線以外の主要駅はほぼオレンジですね。関西だと駅では「eo」というAPが使えるようですので、関西ではあまり困らないのかな。

○ついでに、SIMはもう1枚欲しい。

話変わって、5月半ばに、奥さんが出産のために里帰りし、その入院と通院でネットが使えるようにと、BIC SIMの入ったF-11Dを渡しました。したがってこちらはSIM無しオンリー。しかし、普段の生活ではあんまり困らないんですね。職場では使わないし、家ではWiFi、出先はWi2 Premium。

この辺は、当初の想定通りなんですが、電車の移動中や、ちょくちょく帰省するときに乗る新幹線の中で使えないんですね。で、SIMが欲しくなってしまったと。
rakugaki332.png
新幹線の中では、ほとんど本を読んでいるか寝て過ごしているため、さほど問題はないんですが、すっごいくだらないことが気になったりするわけです。例えば、車両の境目で流れている、LED掲示板のニュースで「……人が死亡、19人が重軽傷。」って見えたら、何のニュースか気になりません?ニュース自体は2回流れるんだけど、そういうのを見つけるのって、たいがい2回目の最後なわけです。

まあ、鉄道の遅延情報とか、向こうの天気だとか、ごくまれに仕事のこととか、いろいろちゃんとしたことも調べたくなるわけですけどね。で、新幹線のWiFi(157円/回)を契約してもよいのですが、そこまでバリバリ使うわけでもないんです。

○SIMの通信速度は遅くても良かった。

これが、この1年でわかった一番重要なこと。

BIC SIMはSIM自体はIIJ mioなので、毎月高速通信クーポンというのが付いてきました。1ヶ月1GB、繰越可能で、最大2GB。しかし、この1年間契約してきて、実は全然使っておりません。常に残量2GB。外でYoutubeを見ることもないし、更に持っているスマートフォンがLTE対応でないためさほど早くならないというのもあります。一方で、低速200kbpsってので、遅いなりに意外と普通にネットは見られるもんなんですね。実際に使っていて「これでもいいや」と思える速度なわけです。なにせ、低速状態でRadikoも全く問題なく聞けます

ということで、高速通信は全く無しでもええんちゃうかと。BB excite 高速通信0MBと宣言している(SIM 3枚だと毎月100MBクーポン有, 繰越可能で最大 300MB)上、欲しくなった時に高速クーポン付きのコースに無料で切り替えることができるとのこと。2ヶ月以上使ったら、後はいつ解約しても違約金が発生しないので新たなプランが出てきても安心。なぜに普通の携帯キャリアは違約金制度なんか維持してるのかなあ。最初の2年の後はいつ解約してもいいようにしたほうが、買い替えの促進にもなりそうなもんですけどね。
CIMG0280.JPG
あ、BB.exciteのSIM (3G)でも、Radikoは途切れず聞けますよ。

○ということで、今後のプラン。

今年の9月末までは、Wi2 Premiumを使うために、BIC SIM(972円/月、税込)は延命しますが、10月以降は切ります。
代わりに、BB excite 3G (1188円/月、税込、SIM 3枚)に切り替え。BIC SIM 1枚分+216円で、SIMが2枚増えます。

また、9月以降にWiFiの状況がガラリと変わって必要になりそうなら、例えばヨドバシのワイヤレスゲート(390円/月、税込)などのWiFiに再契約してもいいかなと。

・ワイヤレスゲート > エリア (千葉駅付近)
 http://www.wi-gate.net/PGMap.html?lat=35.612858&lng=140.11433999999997&user_type=2

これだと新幹線内でも使えるんですよね。しかしながら、WiFiが使いたければ、コンビニ(7 Spot, Famima WiFi, Lawson WiFi)や、スターバックスに入れば、回数・時間の制限があるけれども、無料で使えます。これから無料WiFiも増えるだろうし、月々390円とはいえ、わざわざお金を出して契約する程でもないかもなあというのも本音のところ。

ということで、契約が3ヶ月重なりますが、今使いたいので、そこは今回の出産の必要経費ということにしましょう。これでスマートフォン家族になりました。ところで、SIMは1枚余るんだけど、どうしたら良いんですかねこれ。

○とか書いてたら。

・月額920円で1GBのLTE SIMカード、ヨドバシカメラで9月から販売 250kbpsで月額480円、10GBで月額5490円なども
 http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140701_655867.html

LTE 0MBでワイヤレスゲート付き、480円/月(税込)ですと。2枚分の契約が必要なら、こっちでも良かったんやん。今後ワイヤレスゲートを契約するのなら、このSIMごと契約してもいいのかも。差額わずか90円だし。…しかし、9/1発売なので、今使いたいニーズを満たせないし、その頃にはまた情勢も変わってますよね。
この業界、移り変わりが早すぎますわー。

○モバイルルーターねえ。

SIMが1枚余るわけですが、手持ちのdocomo端末3台全部に入れてもしゃあないので、どうするかお悩み中。
F-11Dは奥さん用、SO-01C(Xperia Arc)は自分用。この2台はMVNOではテザリングができません(SO-01Cはroot化もしたのに)。SC-02B(Galaxy S)だと、Win/iOSだけでなくAndroidテザリングができる事があるけれども、不安定だし、それ以前にどう使ってもバッテリーがバリバリ減るんですよね。

近所でモバイルルーターを見に行ったら、なんと3000〜5000円で買えるじゃないですか。もちろんdocomoのものではなく、イーモバイルのPocket WiFiのもので、バッテリーも10時間ほど持つらしい。それとSIM無しで良くないか?まあまだ必要という段階でもないし、SIMフリーブームが来ているので、これから在庫も増えるだろうから様子見ですが、今後のことを考えるとモバイルルーターも考えてもいいのかもねえ。

●最近の写真。
CIMG0281.JPG
仕事場に、ニホントカゲの子供(6〜7cm)が迷いこんできたので捕獲。トカゲ好きの人がたまたま休みだったので、尻尾が切れないように袋に入れて、安全な場所に逃してきました。
CIMG0002.JPG
大きいのはよく見ます。見た目の割に臆病で、すぐに逃げてしまいます。

CIMG0255.JPG
大阪でドラえもんがたくさんいました。

CIMG0254.JPG
HDRアートで撮影。大阪京都の写真もたまってるんだよねえ。

CIMG0278.JPG
花壇がおちょこになってます。

●親バカ日記。

○最近見つけたブログ。
育児系マンガを中心にをいくつか。

・言戯 2007年3月〜
 http://kotozare.way-nifty.com/3/2007/03/index.html

・松平さんちの三姉妹 2011年12月〜
 http://ameblo.jp/momoiro-pine/archive30-201112.html#main
アメブロってまとめ読みしにくくてやだなあ。
この時期限定の「あるある」ネタがたくさんの2件。表示されたところから現在に向かって読んでいく形。
両方とも育児に関係なく完成度が高いので、電子書籍にするには量が多すぎるけど、つい全部読みたくなります。

2つのブログとも、第一子のところをピックアップしています。どちらも第二子のあたりの記事は、案の定さほど詳しくないんですよね。

・島国大和のド畜生 カテゴリ 「生活」
 http://dochikushow.blog3.fc2.com/blog-category-14.html
こちらは4コマ漫画も売りだけど、テキストで。

・娘の観察記録 〜 16ヶ月(1歳4ヶ月)
 http://www.magicvox.net/archive/2012/01231614/
なるほどね〜、こういう「いつ何をした」ってのを記録しておくのもいいかも。記録するならEvernoteかGoogleカレンダーかな。


(以下、食事中に読むのに非常に向かないことを書きます。注意 続きを読む...)
posted by tikuo (ちくお) at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

Roooooaaaaar!

rakugaki328.png
【咆哮】SAI/FAVO
100のお題を今更やっています。11題目。いつもと違うPCで、いつもと違うFAVOで書いてみると、タッチが変わります。それは「咆哮」じゃなくて「欠伸」だろうって?

●最近のこと(自分用メモ)
ワールドカップも終わりました。3位決定戦と決勝戦は、ちょうど起きた時にやっていたので両試合後半を見ました。優勝したのはドイツでした。大概のばあい、直前に行った国は応援するのですが、ドイツったってケルンでは、FCケルン以外あんまり話題でもなかったからなあ。貰ってきたサッカー新聞では、ケルンの扱いがちっちゃかったけど。
さて、世間ではいろいろあるようですが、最近はネットのニュースも見なくなっちゃったので、何が起こっているのかよくわかってません。とはいえネットは見るわけですが、徴兵制とか議員が号泣とか、多分ワタシの見えていないパラレルワールドに住む人の書いているノイズが見えてしまって、世間がわかりません。
一方で、ワタクシの方はと言いますと、思考が関西弁に戻りつつあります。理由は3つ。一つは2週に1回関西に帰省しているから。もう一つは、職場で全然喋らない。ヘタしたら1日全く喋っていないこともあります。もう一つの理由は、後述。

●歳を取りました。
歳を取るのを意識しなくなって10年強、腰が痛くなったり、咳が止まらなかったりと体にガタが来始め、しかも治りが遅いということで年齢を感じるのはともかく、親の歳が気になる。それはそうと、遠目に見たら全くわからないものの、年齢相応にポツポツ白髪も出るようになりました。4年くらい前から見つかり始めたのですが、現在はいちいち抜いてられない数となってきました。

ところで、小学校の時に鏡を見ながら寝ぐせを何とかしようとして、前後左右がわからなくなってうまくいかず、「歳をとって白髪を抜きたくなったり、車のバックをするときに、鏡を見てできるようになるのかしらん?今のままなら相当苦労するぞ」と思ったものですが、
rakugaki329.png
大丈夫、いまだに苦労してます。

●歳をとってる場合でもないけど(親バカ日記)。

7月の第1週の週末は、週末に産休(男性も何日か取れる)を組み合わせて、子供を見に行ってきました。生まれてちょうど1ヶ月。体重も少し増えて、生まれてすぐはしわしわだった手も丸っこくなってきました。かわいいです。
DSC_2885.JPG

色々気がついたこと。

・利き手と利き足があるのかなあ。
寝るときに右側を向いて寝ているのも影響していると思うのだけど、口に持っていく手は必ず右手。音やくすぐりに反応して、ぴーんと伸ばす足は左足。

・泣くようになりました。
生まれて1週間までは、ひたすら寝ていてミルクも無理やり飲ませるという感じでしたが、1ヶ月もすると結構な時間起きています。起きて静かに手足をバタバタしているのは良いのですが、よくわからないタイミングで泣くことも増えました。まあ、元気だからいいかとは思いつつ、なだめるのに抱いて歩いてみたり、ゆっくり揺らしてみたりと試行錯誤。3日間で、頭を支える左腕が筋肉痛になりました。これからもっと重くなるし、より泣くしで大変になるのだなあ。

・とにかく、寝てても起きていても見ていて飽きない。
rakugaki330.png
起きていたら、泣いていなくても面白い。ひたすら足と手をパタパタと動かしています。クシャおじさんみたいな、って古いか、お笑い芸人のザブングルの人みたいなクシャクシャな変顔をして伸びをしたりしています(1枚くらい変顔も写真に納めたい)。寝ているときは寝ている時で、ワタシと奥さんだけでなく、ワタシの両親と奥さんの両親の6人でひたすら寝顔を眺めていたりして、傍から見たら相当変な光景だと思います。寄ってたかっておむつ交換したりしてね。

・家族にはかわいいけれども。
色々わからないことが多いので、ネットで調べるわけですよ。そこでつい画像検索をしてしまったりするわけですね。新生児の写真なら、まあ大体はかわいい。ウチもこんなんだったーとか思ったりします。でも、生後1ヶ月や生後2ヶ月で検索すると、出てくる写真の半分くらいは、かわいいと思えないんですよね。でも、当のご家族には一番かわいいんですよ。ということは、うちの子も人によっては可愛くないのかもしれないな、とふと反省したりします。

・変なモノ購入。
CIMG0187.JPG
スーツケース用の秤を300円で見つけたので買ってみました。ちゃんと0補正(Tare)も付いているので、袋やかごの重さをひいて図ることが出来ます。これで体重が測れるんじゃないかな?と。
CIMG0188.JPG
10g単位なので細かくは見られないけれども、2Lペットボトルを測ってみたら2040g。ボトルの重さが40g位だろうから、だいたい有ってるんじゃないのかな。せっかくだから、1回位は使ってみよう。ちなみにkgモードとgモードがあるんですが、「2.04kg」が「2040g」になるだけで、全く意味は無いです。

●一人暮らしのネタ。
久しぶりに一人暮らし。今年の梅雨は雨が多いので、洗濯はともかくとして、炊事が結構大変。
自炊歴10年以上なので、食材をみれば出来そうなものはいくつか浮かぶものの、やるのは炒める、焼く、ゆでる、スープにするくらいしかありません。あいかわらず、見た目はそっちのけなので、当時から作った料理はブログになんか載せられなかったのね。レトルトには重宝してます。以前はレトルトなんか贅沢だと思っていたのに。重宝しすぎて、パスタソースをレトルトにしてたら種類が少なすぎ、おかしいなと思っていたところ、パスタソースなんか簡単に自作できることに気が付きました。また、電子レンジレシピがかなり頭から抜けてしまっているので、ちょっと調べてみますかね。

そんな中、いい感じのパスタソースに使えると気がついたのが、「じっくりコトコト煮込んだスープ」。
CIMG0205.JPG
http://www.pokkasapporo-fb.jp/jikkuri/product/index.html#hako
エビのビスクなんか、そのままでもパスタソース味だし、お湯を減らして濃い目に溶かしても溶けやすい(安いカップスープは溶けにくい)。牛乳と麺のゆで汁を混ぜたもので解くと、コクが出るのでパスタソースの場合はオススメです。

ところでパスタというと、レトルトや缶詰のパスタソースって、大体2人前なんですよねあれ。今のパックには表の目立つところにちゃんと書いてありますが、学生時代はそれを知らず、ダバーっとかけて「なんか多いな。世の中の人は大食いだなあ」なんて思いながら食べていたのですが、よくよく裏を見ると「量は2〜3人前です」と書いてありました。

洗濯の方は、就職してから導入した全自動洗濯機なので余裕です。学生時代はずっと二層式で、すすぎに入ったらうかつに二度寝もできないし、冬はつめたいし、脱水槽に詰め込むのは一苦労と、大変だったのですよ。

さて、この間、職場で「なんかいいにおいがする!」と言われ、心当たりが全くなかったのですが、「ひょっとして柔軟剤入れてる?」という話に。梅雨時期で乾きが悪いので、入れてますよと答えたところ「入れすぎ!におい強すぎ!」って、「いいにおい」じゃなかったのかよ。

でもまあ、柔軟剤のにおいが強すぎて頭痛がすることもありますね。確かに。外国物は生理的にダメなのかも。

●最近見つけたオススメブログ。

・3連パック
 http://kazoniki.blog94.fc2.com/
漫画系です。面白い。自分用に電子書籍化決定。
CIMG0158.JPG
ZIP圧縮だけだと線が細く、薄くて読めなかったので、ChainLPでシャープにして解像度を合わせました。

普段の思考が関西弁になっている理由の最後の一つはこれです。普段の生活の脳内で、こういう感じのツッコミを入れています。女性のブログって、ちょっと口が悪いくらいのほうが面白いのかもしれんなあ。

見つけたきっかけは、あんまり当てにしていないブログランキング。常に高位に位置しています。面白そうだったのでランダムに読み始め、ツボに入ったのがこれ。

・歌
 http://kazoniki.blog94.fc2.com/blog-entry-109.html
なんで近藤真彦(正しくは近藤マッチ)からの嘉門達夫やねん、というところ。

●最近の写真。

CIMG0127.JPG
京都駅に有る島津の広告。これ、若い人はわからんで。

CIMG0194.JPG
近所のスーパーを出た所に傘がかかっていて、なんでかなあと思ったら、上にツバメの巣が。

CIMG0195.JPG
今年2回めの巣立ちの季節のようです。

ではまた。
posted by tikuo (ちくお) at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

The tips of fingers.

rakugaki326.png
【指先】SAI/Bamboo
100のお題を今更やっています。10題目。簡単に描こうと思って結局ガシガシ描いてしまったの巻。この絵で何をやっているのかわかった人は、間違いなく30代なかば以降。

●「E.T.」の思い出。
ということで、イラストは「E.T.」でした。我々の世代の中高時代は、指を差されたらそこに指を合わせるという、「E.T.」ネタというのが定番としてあったのですが、今の人達にはわからないだろうなあ。いまだにお笑い芸人がネタにしているけれども、あんなの若い人らにわかるかいな。

さて、「E.T.」は、小学生の頃に映画館で見ました。ガラガラだった記憶があるので、上映時ではなくリバイバルだったと思います。映画館も今と違って総入れ替えの指定席でないため、上映途中でも入出場ができたんですね。そこへ超合理主義のウチの母親と見に行ったわけです。当然ながら、入った時にはすでに上映中。真ん中すぎくらいで、警察が捜索に来るシーンだったと記憶。そこで入ってエンドロールまで見て、最初から見てまた警察が捜索に来るシーンで「最初見たとこまで来たから、帰るで」。

それ以来、なかなかテレビで放送しなかったし(テレビ絶対放送しない映画として有名だった)、ビデオも借りていないので、もう1回見たか見ていないかというレベルですが、結構覚えてるんだよなあ。ウィリアム・コツウィンクルの文庫本をもってましたよ。

●最近のこと(自分用記録)。
サッカー日本チームが一次リーグ敗退になりました。最終戦を少しだけテレビで見たのですが(ギリシャ戦ともにほぼラジオ)、最終戦は結構攻めていて、いつもと違うなと感じました。負けましたけど。
って、これだけで終わらせると、おじいちゃんのブログみたいだ。

4年前は何をしていたかというと、スウェーデンに行ってました。コペンハーゲン(デンマーク)空港経由だったのですが、予選リーグ中の行きしは、ショップスタッフもユニフォームを着てノリノリだったのだけど、帰る日の前日に日本がデンマークに勝って、デンマークが一次リーグ敗退決定になったのもあり、帰りの空港は地味で静かでした。正直なところ、日本人バレしないかが結構怖かったけど。今回もスペイン、イタリア、イギリスあたりはそうなんでしょうか。「負けたー」「残念だったな」「お互いに」みたいな感じで友だちになれそう。

さて、今週末も仕事がつまっていて、赤ちゃんを見に帰れなさそう。送ってもらっている写真を見る限り、最後に見た先々週にくらべて、顔も体もかなり変わっている様子。赤ちゃんの1週間って、ものすごく違いがあるんですね。当然ながら、もう最初に載せた時の顔はしていません。

そうそう、指先というと
DSC_2630.JPG
これですよねー。ちっさ。

余談的になりますが、特に新生児関係の「常識」って、全然科学的な知見に基づいていないものばっかりで、いざ当事者となると辟易としますね。泣き過ぎはダメ、泣かないと自閉症、抱き方がどうのこうの、紙おむつでウンヌンかんぬん。多分妊娠時期についてもそうなんでしょう。そうやって妊娠〜出産にかけて、ニセ科学的な知識を「常識」と叩き込まれるので、予防接種を拒否したりするような人も出てくるんだろうと思います。

ところで、来年度からのことが自分の手の届かないところですでに動き始めているようで詳細不明。どうなっちゃうのかな、ワタシ(我が家)の人生。これまで通り、なるようになるのだと思いますけれども。しかし、今年はイベント多すぎない?

●最近のお買い本(電子書籍除く)。

色々たまっているので一気に。出産系があるから後回しにしていたんですが、いま見ると全然そんな感じがしないな。現在は紙の書籍を購入して、電子書籍を読むという状態。通常なら一瞬で消費するマンガすら読んでないのが複数あります。

6/21
安部公房 終りし道の標べに
阿川佐和子 サワコの和
原田宗典 幸福らしきもの
高橋留美子 るーみっくわーるど 1

5/25
伊坂幸太郎 ラッシュライフ
澁澤龍彦 ドラコニア綺譚集
澁澤龍彦 華やかな食物誌
澁澤龍彦 幻想の彼方へ
手塚治虫 ミッドナイト 文庫 4
岩岡ヒサエ ねこみち

5/24
手塚治虫 ミッドナイト 文庫 1
岩岡ヒサエ しろいくも

5/11
オノ・ナツメ Not Simple
オノ・ナツメ Danza

5/10
レイ・ブラッドベリ 恐竜物語
宮ア駿 シュナの旅
須藤真澄 おさんぽ大王 1
須藤真澄 おさんぽ大王 2

5/4
松本清張 小説帝銀事件
角田光代 八日目の蝉
團伊玖磨 パイプのけむり1
パオロ・マッツァリーノ 反社会学講座
パオロ・マッツァリーノ 続・反社会学講座
岩岡ヒサエ 花ボーロ

4/5
岡崎香・伊藤理佐 にんぷ天国
高橋千鶴 コクリコ坂から

岩岡ヒサエの描く、丸い顔にはまってます。あと「オトノハコ」があります。「土星マンション」も気になるけれども、7巻もあるんだよねえ…。手塚治虫は「ミッドナイト」(全6巻)は文庫で集めることにしたのですが、ブックオフではなかなか見つからないんです。着手が遅かったかも。須藤真澄の漫画は、読み始めるとほぼ確実に寝てしまう。催眠作用があるんでしょうかね。

○本の話: 漫画のない生活から漫画で埋もれる生活へ。

rakugaki327.png
正直なところ、漫画の趣味にはこだわりがありません。「好きな絵か嫌いな絵か」とか、「ストーリーに深みがある」というレベルで好き嫌いがあるくらいですか。
誰それが褒めていたからとか、誰彼の友人関係の人だからなどの理由はなく、何となく店頭で引っかかったから買う、みたいな感じ。雑誌も読まないので、なかなか引っかからないんですよね。一方で、一度引っかかると惰性であれもこれもと買うので、そうやって本棚が狭くなっていくわけです。

実のところ、大学に入るまでは、マンガはカラーボックスの1段に入れても隙間があるくらいしか持っていませんでした。1970年代のサンデーやチャンピオン(多分貰い物)、コロコロコミックが数冊ボロボロになるまで押入れの中にありましたが、単行本を買うということはありませんでした。漫画自体はとても好きでしたが、当時から週に1回や月に1回、続き物の漫画をぶつ切れにされるのが非常に嫌いなんですね。だから続けて買うことはありませんでした。ちなみに持っていたのは、中川いさみ、岡崎京子、吾妻ひでおなど。この時点で統一感もかけらもない。

最初に買った単行本はたしか「こち亀」の8巻。当時「こち亀」は45巻くらい出ていたように記憶していますが、当然ながら全部集める必要のあるマンガではなかったため、その後もランダムにポツポツと買ってました。また、大学に入ってからしばらくも、買う漫画は1巻完結のものがほとんどで、さほど増えることはありませんでした。

増えだしたきっかけは、やっぱり「ぼのぼの」ですかねえ。大人買いではありませんが、古本屋で10巻くらいまでごっそり買ってみたんです。そこからは惰性。家には25巻くらいありますかね。それ以降はフォローしていません。しかしそれで「10巻以上でも、いいか」と思ってしまったのは事実。

一度リミッターが切れてしまうと怖い。

高校の同級生が、大学に入ってから、「ガラスの仮面」を全巻(当時40巻くらい)一気買いしているのを見ましたが、大学に入るとそういうもんなんでしょうか。

子供に読ませたい漫画?「ドラえもん」かなあ。生涯1冊も単行本は買ってないけど。

●最近見つけた面白いブログ。

今回は2つ。2つとも有名どころです。見つけたのも最近とは言いがたい。
CIMG0161.JPG

・片付けられない女魂 (2009年で更新停止中)
 http://katadukero.blog77.fc2.com/
本にもなった超有名ブログ。見つけたのは本経由ではなく、ある土曜の朝に「汚部屋が片付いていく過程が見られるブログ無いかなあ」と画像検索して行き当たったのがこちら。片付け過程だけでなく、文章も面白い。すこし前に流行した、「テキストサイト」の流れをくむような、ボケて一人突っ込むパターンなのだけど、実在の複数の人物のエピソードが入っているのがポイントが高い。

最初の記事から一気に最後まで読みました。「怪力自慢」はどうなったんでしょうかね。こちらのブログは、Pocketには保存できないタイプのブログでした。残念。というわけで、前回同様 Wordに貼り付けてPDFに。結構な量あるから大変だったよ。でも、何度読んでも読みがいのあるブログ。

・家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています (更新中)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kkajunsky
こちらも本になってから知ったブログ。文字だけなので電子書籍化が簡単なため、結局全テキストをダウンロードして、Aozoraepub3でEpub化しました。最初の数記事は、Yahoo!知恵袋のやりとりが無いため意味がわからずイマイチなのですが、ブログになったところで、会話の切り返しや、昔話の展開などなかなかの文才ぶりが見えてきます。しかし、出会いのあたりが本当なのかねー。漫画みたい。

なお、一つの記事内での「です、ます」「だ、である」の混じりが気になるところがあるので、ワタクシも気をつけていきたい所存。

ブログといえば役に立つ情報を載せているところばかり注目される昨今において、2本のブログとも、役に立つ内容は特にないんですよね。しかし両ブログに共通して、「面白い昔話」が程よく入ってくるところこそが読みどころ。特に「面白い友人や親族」が良いネタになっています。面白いブログを書くためには、面白い体験をしなくてはならないということ。部屋にこもって、ニュースを見てブログを書いてちゃダメ。

○話題になるブログとおもしろいブログ。
内輪の話。先月から、「紀行」シリーズを書くと、一時的にアクセス数がドーンと上がりました。しかし下がるのも早い。長くアクセスされる情報って、役に立つ情報なわけです。今でももっともアクセス数が多いのは「Windows 7/8で解像度を変える方法」だったりします。実際に、twitterやはてなブックマークなどで話題になるのは、「たった2つの工夫でスマートフォンのバッテリーを長持ちさせる方法」みたいな話。検索で来た人ごめん、そんな情報ないです。

だからといって、そういう「役に立つ」ブログは、他の記事も頭から読んでみようと思わないわけです。むしろ、「役に立たないけれども面白い」というブログが読みたいんです。かといって徹底的に役に立たないことに徹したら、それはそれで面白くないでしょうけどね。

昔の友だちのエピソードねえ。山ほどありますけど、法に触れたりすることもあるので書けないことが多くてね。

○その辺で「紀行」をやってみたら。
これ、いつもやってみようかと思ってやらないんですが、たとえばJR稲毛駅とか市川駅で「紀行」みたいなのをやると面白いのかという問題。
そういうブログ有ったな。また紹介します。

●kobo touch 3.3.1。
ファームウェア3.0.1で使っているkobo touchですが、「更新」を行うと、自動的に3.3.1にアップデートされるようになりました。実はその前に3.3.0を、一度試してたんですよね。(2014/7/3現在、アップデートで3.3.0が入るようになったようです)

・Kobo Touchにファーム3.3.0を入れる
 http://kayopc.seesaa.net/article/395996696.html

3.3.xの改善点は、PDFがフルスクリーンになること。以上。ただし、3.3.0の場合、ホームボタンを押したり、漫画を開いたりすると、2秒くらいフリーズしたようになり、さらにページ送りは1テンポ遅れるようになるなど、全体に重たいと感じるようになったため、1時間ほどで3.0.1に戻しました。

3.3.1になって、ホームボタンを押した際などの重さは改善されたものの、やっぱり本を開くのは3.0.1に比べると遅いため、また戻しました。3.3.0は常用するには厳しかったのですが、3.3.1なら我慢すれば使えるという印象。PDFの全画面表示が必要ない人には、あまり利点はありません。

戻し方(ダウングレード)は、アップデートの方法と同じです。古いバージョンのファームウェアを入れて再起動すれば、古いバージョンになります。

・kobo touch ファームウェアアップデート。
http://tikuo.seesaa.net/article/389407096.html

安定しているファームウェアのアップデートファイル(2.6.0, 3.0.1等)は、上記リンクに有るアーカイブサイトからダウンロードできるので、必ず消さずに保存しておきましょう。また、時々バックアップは取りましょう。
posted by tikuo (ちくお) at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

HIKARI, a super express train of Shinkansen.

rakugaki324b.png
【ひかり】SAI/FAVO
100のお題を今更やっています。9題目。我々の世代にとって「ひかり」というと新幹線なんですね。まだイラストの0系というのが走っていたころに初めて乗りました。学生の頃に「のぞみ」が出てきたと記憶しているのですが、最初は全席指定だったし、自由席が出来てからも京都や新横浜を飛ばすのがあって、横浜の学会に行きたいのに、止まらないので難儀しました。気がついたら、「のぞみ」が基準で「こだま」は遅くても安く、「ひかり」の存在価値が殆ど無くなってました。

最近の新幹線は鼻先が長すぎて、記念写真を取るのも難しい気がします。なお、新幹線には詳しくないので、Google画像検索で出てきたものをモデルに描きました。トレースはしてないよ。一応消失点を置いて描きましたが、結局適当です。

●京都大阪に行ってまして。
結果から言いますと、3週間連続で、週末に京都大阪行ってました。実家なんですけど。
というのも、奥さんが大阪で里帰り出産をするため、大阪に行っているため。ちょうどドイツに行った時に、ほぼ同時に大阪入り。

CIMG0095.jpg
5/31は、出産1ヶ月前のお見舞い(?)と、ドイツ土産を渡しに。「次は1月後(予定日)に」と言って、千葉に戻ってきたのですが、なんと次の週(6/7)に早くも生まれたので急いで駆けつけ、その次の週も見に行った、というわけです。

●新幹線。
空港まですっと行けたら、きっと飛行機で伊丹まで行って、そこから電車で移動したほうが速いと思うんですよね。でも新幹線を取ってしまう。
CIMG0034.jpg
やっぱり、新幹線の中は快適なのと、発車間際に駅についてもすぐに乗れることは捨てがたい。千葉から羽田に行って、そこから飛行機の手続きをしているあいだに、静岡くらいまで行ってるんじゃないでしょうか。

CIMG0109.jpg
新幹線好きの人には有名なポイントも通りました(大阪)。

●赤ちゃんいろいろ。
奥さんがブログを書ける状態ではないので、こちらもそれ待ちで出産逸話はしばらく漬けて熟成させるとして、いろいろと。

・「生まれたては猿みたいだ」と言われていたけど。
全然猿みたいじゃなかった。生まれたてでちゃんと子供だった。かわいい。

・大人の嗜みとして。
「子供が生まれました」というと、ほとんどの大人の人は、自分のところの子供が生まれた時の逸話を話してくれます。NICUに入ったので毎日大変だったとか、予定日を過ぎて麻酔を打って産もうとしたら、麻酔が赤ちゃんに行って大変だったとかいう特殊な事例はともかく、だいたい安産でも「心配した」というのがポイント。

・体重は覚えておかないと。
男性女性関係なく、子供の生まれた時の体重は100%覚えていますね。産んでから何十年もたっても覚えているようです。忘れないようにしないと。

・写真が貯まる。
ここで活躍せずにいつする、ということで一眼レフで撮影してます。だけでなく、両親も写真を撮るし奥さんも撮るし。これから、友人も撮ってくれたりするんだろうなあ。生まれたての日だけでもフィルムなら3〜4本分あります。整理が大変だ。

ということもあり、さらに父の日ということで奥さん実家に、バッファローの「おもいでばこ」を設置しました。

・おもいでばこ - バッファロー
 http://omoidebako.jp/
SDカードを差し込んだら自動でコピーしてくれるだけのハードディスクでも良いのですが(そういうのを最近見ないんだけど?)、一番重要なのは「簡単」で、その次に「重複した写真は取り込まない」という機能。少し使った感想は、取り込みはボタンひとつだし、結構速いので良い感じでした。細かい話は、また次に帰った時に。

・赤ちゃんって麻薬的なものが出てるよね。
rakugaki325.png
猫とか犬を飼っている人も「動物は人間の赤ちゃんも好きで世話をしようとする」といいますが、もちろん人間もそうなるようで、赤ちゃんを触って、千葉に戻ったあとも「触りたいなー」と思うことがちょくちょく。

その麻薬的なものと関係するのか、「赤ちゃんの後頭部っていい匂いがしますよね。あれがやめられなくて」と言われましたが、まだ首が座ってないから無理だわ。次帰ったら嗅いでみよう。

●納屋町。
実家の近所の納屋町筋商店街に変なのができてた。
CIMG0081.jpg
立体!

CIMG0082.jpg
ササキパンのおっちゃん、顔色悪すぎるやろ。

●最近(記録として)。
5/18にドイツから帰国し、そのあとほぼテレビの電源を入れていません。一人暮らしで、炊事洗濯に水撒き掃除とそれどころではない、というのもないでもないですが、一人分だと結構早く終わっちゃうんですよね。

で、何をしているか。
寝てます。夜22時半になったらもう眠い。23時を過ぎるとほぼ寝る。で、5時半〜6時前に起きる。起きてどうすることもないのですが、とにかく起きてます。原因は多分ドイツの睡眠不足で、その時の矯正睡眠リズムがそのまま残っている感じ。

テレビは先々週の金曜日にJ-Waveで「開幕しました」と言われたので、ブラジル-クロアチア戦をちょっと見たくらい。日本の初戦?病院に向かってる間に負けてましたよ。んもー。ギリシャ戦も見ず。仕事だし。

●ちょっとテスト。
Seesaaで縮小した際に、画像がザラザラになるため、今回のイラストは試験的に、2枚ともJpegではなく、Pngにしています。
rakugaki325.jpg
Jpegバージョン。
白っぽい背景にすると、汚さが際立つので。

ではまた。
タグ:新幹線 子供
posted by tikuo (ちくお) at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

【紀行】20140516 ケルン4日目・後編〜帰国

DSC_2524.jpg
せっかくなのでちょっと大きく。

紀行最終回です。親バカ日記を始めたいのはやまやまですが、その前にこちらを。

○ランチ。
CIMG0138.jpg
お昼を食べたら、これまで出来なかった観光に半日使います。
大の苦手の外国米が出てます。汁物をぶっかけて食べることを学びましたので、もう大丈夫。
CIMG0139.jpg
デザートにセロリ?
後にスーパーに行ったらルバーブ(rhabarber) でした。
これ特有の味も香りもないので、フルーツソースの味。食感はシャリシャリして、りんごみたいで美味しかった。

まず路面電車でケルンメッセを出て、南→西へ。
ここの路面電車は途中で地下鉄になるという、なかなかの変則スタイル。
DSC_2341.jpg
あんまりあてにならない情報をたよりに、フリーゼンプラッツ(Friezenplatz)で下車。

○ドイツ(中途半端な)鉄道事情。
というほど乗っていないのですが、アメリカに似てました。駅は入り放題で、乗ろうと思ったらいくらでも乗れる。検札に合わなければラッキーだけど、結構頻繁に来るらしいので、切符は買ってしまったほうが無難。

路面電車はケルン市内どこまででも1.9ユーロで、自転車付きなら2.8ユーロ。カナダよりは安い。駅の自販機で切符を購入して乗ります。駅構内への出入りは自由。

○街なか。
DSC_2342.jpg
初めての街中。いまだにオート三輪を使っているのだなあ。日本も使えばいいのに。

DSC_2334.jpg
これ雑誌で見たこと有るね。

DSC_2343.jpg
街の門。一部ガラス張りになってた。

DSC_2348.jpg
春がきた祭の残り。

DSC_2347.jpg
パンクを爆音でラジカセでかけながら歩くおじさん。そのパンクが英語なのかドイツ語なのかがわかりませんでした。

DSC_2383.jpg
外国といえば露店。

DSC_2354.jpg
何かの門の残骸。外壁だけなんだけど、ちゃんと銀行が寄付して保全していると書かれていた。

DSC_2371.jpg
ドイツ人はミニチュアが好きです。

DSC_2361.jpg
昔のシティーホール(今は博物館)。ここは入館しなくても、一言ことわればトイレが借りられました。そういうポイントはめちゃくちゃ大事。昔からある彫刻はいいんだけど、現代芸術はイマイチなドイツ。

DSC_2359.jpg
古いんだか新しいんだかわからないゲージツ。

今回画像が多いのでちょっと休むか。

○オーデ "コロン" (eau de "Cologne")。
DSC_2375.jpg
ケルンといえば、「オーデコロン」の発祥の店 "4711"から。
「オーデコロン」は、フランス語で「ケルンの水」です。

○なんか、アメリカっぽい。
DSC_2339.jpg
せっかくの石造りやレンガ造りのアパートも、外壁材を貼っつけて、その上からペンキで塗ってしまうのがドイツ流らしく、なんかもったいない気がするのは、日本から来てるからでしょうかね。

○オープンカフェの写真がない。

やたらとオープンカフェがあって、ビールを飲んでいる人がたくさんいます。平日だというのに、日向でビールを飲んでいる人たちは、多分旅行者なのだと思います。ドイツは日本と同じで、よく働いている印象を受けます。朝7〜8時頃出社、夜は18時かそれよりも遅く帰宅という感じ。スーパーは、たまたま行ったところではありますが、7:00〜21:00と日本よりも開店時間が早い。本屋などは9:00〜18:00というところが多かったです。

○BIO?
DSC_2376.jpg
街なかに行かなくとも、スーパーでもやたらと見かけるのが "BIO"の文字。BIO専門の飲食店や、BIO専門スーパーというのが有ります。スーパーでは、BIOマークが付いていると2割くらい高かったりするのですが、わざわざそれを選んで買っている客も多い模様。BIO専門スーパーの入り口には "How to eko"みたいな冊子が置かれていたりするので、内容は推して知るべし。

・ビオ(Bio)ブーム
http://www.newsdigest.de/newsde/archive/featured/193-658.html

おそらく、泊まったホテルのオールマイティーシャンプー(手から髪まで洗える石鹸)もこういうのなんだろうなあと思うわけです。
ところで、こういうのを買う人って、BIOマークがついていないと買わないんですよね、多分。なんだかイスラムのHALAL (宗教上許可されている食べ物)みたいな、あらたな宗教という印象を持ちます。

○街写真続き。
DSC_2351.jpg
「えー?メールはここ押すの?」「違う違う。右上のだな」
髪を染めてる人は多いですね。映画「ラン・ローラ・ラン」のような赤い髪の人はよく見ました。帰りのケルン駅では水色の髪で左右に束ねた…初音ミク?

DSC_2364.jpg
「50年使えます」ってのがドイツっぽいなあ。メーカーのないようなキャンバススニーカーが60ユーロだったり、ものを大切にしないといけないような値段が多かったので。一方で1ユーロショップがあったりもするんですけど。

DSC_2377.jpg
めずらしいアーケード。でも有るのはデパート。中身はジャスコ。日本のデパートのきれいな陳列を輸出すればいいのに。

DSC_2390.jpg
こういうのは好きじゃないなあ。

DSC_2401.jpg
露店その2。

DSC_2407.jpg
三越のライオンが立った!(違います)

DSC_2403.jpg
フィスラーのドラムセット。

DSC_2389.jpg
お約束の美味しく無さそうなケーキ。

DSC_2416.jpg
博物館的なところの中庭。誰もいなかったので写真を撮っていたら、観光客が周りから集まってきて撮影大会に。

まだ続くよ。

○ドイツ英語事情。
個人的にあんまり英語は得意とはいえないので、英語ネイティブでない国に行くのは好きだったりします。相手も英語がネイティブでないので、ゆっくり喋ってゆっくり聞いてくれるので。ドイツは英語が通じるという先入観で行き、実際にさほど困りはしなかったものの、お店で注文をしようとして "Sorry, I don't (can't) speak English" という人も。その割にずっと話を聞いてくれるので、1分位あーだこーだ言ったら "OK!" となりましたので、多分こちらと同じレベルの人だったのでしょう。

色々と聞いてみると、大都市では結構英語が通じるけれども、ちょっと田舎に行くとほとんど英語を喋れなかったりするらしいです。

とりあえず、ドイツで話したドイツ語って食べ物のオーダー以外は "Danke" くらいでしょうか。ドイツ語慣れしていないので"Danke schön" まですっと出てこないのですが、ボケツッコミ的に向こうが補ってくれます。

コーヒーをついで貰って
 ワタクシ "Danke"
 ウェイター "schön"
みたいなやりとりになります。

rakugaki323.jpg

 ワタクシ "Thank you"
 ウェイター "Danke schön"
とかね。「まいど」みたいな使い方なのかも。
ちなみに「コーヒー」は、カタカナな発音で「カッフェ」です。カナダでは「コーヒー(Fの発音ですら無い)」で通じたし、どこに行っても日本人ががんばって発音する「カーフィ」みたいな発音が一番通じないような…。

○ウムラウト+O
他のウムラウトも、実はよくわからんのですが、本当に「ö」の発音はよくわかりません。
ドイツ語の授業(遠い昔)では、特別ルールの場合はおいといて、「ウムラウトがつくと基本的に"エ+元の母音"」とおそわりましたよね。「めんどくさいから"エ"でいい」かもしれません。

今回行ったのが "Köln" (またはKoeln) です。日本語のガイドブックや地図は「ケルン」と書いてますが、ドイツ人にその発音をしても通じません。何度か行ってると「OK, コローン」と言ってくると思います。 "Köln" は、英語の"Cologne"の綴りに近い発音で、他に似た発音をする単語としては こっちは伸ばさないけど"colon (大腸)" です。"オーデコロン"の「コロン」は「ケルン」とは言わないでしょ?

また、"Danke schön (ありがとう)"の発音は、日本で習うのは「シェーン」ですが、実際には「ショーン」です。
じゃあウムラウトは無視して発音すればええんか、というとそれも違うので、よくわかりませんなあ。

○街からメインに。
DSC_2412.jpg
またお会いしましたこの方々。

DSC_2369.jpg
レンガ造りは良いですなあ。

DSC_2421.jpg
人形屋さん、ぬいぐるみ屋さんは時々見ます。18時には閉まる店の代表なので、もしも見たい人は早めに行きましょう。めちゃくちゃ高いけど。

DSC_2423.jpg
ヨーロッパかよ! (ヨーロッパだよ)。

DSC_2426.jpg
「帰ってきました」という気になる大聖堂。

DSC_2435.jpg
記念撮影をする人たち。

DSC_2430.jpg
NHKのドイツ語講座でやっていた、大聖堂の修復工房。当然ながら誰も写真を撮っていませんでした。人がいるときに撮りたかったな。

DSC_2442.jpg
彫刻が素晴らしい。

DSC_2439.jpg
最後に入っていかないとね。

DSC_2443.jpg
つい「阪急梅田駅だ」と言ってしまう。

DSC_2501.jpg
中も彫刻がすごいです。

DSC_2512.jpg
あと、見どころはステンドグラスでしょうかねえ。この辺はいろんなケルン旅行ブログに有ります。ちなみに入るだけなら無料で、ずっと座って休憩することも出来ます。

DSC_2448.jpg
でも彫刻がいいな。他にも写真は有るんだけど、ぶれてたりして省略。

DSC_2543.jpg
またここにこれますように。大聖堂の前の噴水(?)。

○乾杯。
CIMG0195.jpg
なんだかんだで、一日で20kmくらい歩いたんじゃないの?
またイモが食べきれず。 (あっ、くまが写ってる)

○帰国の途。
DSC_2549.jpg
フランクフルト空港の一番の見所。吹き抜け。下を通っている人が見えるのが気になるけど、もう疲れているのでボーっとしたい。飛行機でもできるだけ寝たい。

○そんなこんなで。
帰国しました。予想はしていたけど、日本暑っ。おみやげのチョコレートが溶けちゃうなーとおもったものの、家に帰ったら、意外に日陰は涼しい。
また、いつものことですが、帰国後2週間立ちますが、日本も世界もニュースに興味が持てません。テレビも全然見てません。ASKAが逮捕されていたのに気がついたのも、帰ってきて1週間位たってからでした。

ドイツ(ケルン)はどうだったかと言われると、やっぱりヨーロッパの中でも先進国だねという感想。
思っていたよりも治安も良さそうだったし、スウェーデンに行った時のような「日本との違い」を突きつけられることも少ない。ここで暮らしてみろと言われたら、ふつうに食べ物にも困らずに行きていけそう。文化の違いというインパクトは北欧などに比べると小さめだけど、安心して店で買物をしたり、見て回れて、ヨーロッパらしい建物も多いので、安心して訪れられるところだなという印象を持ちました。

帰ってから知ったのですが、おもちゃなどは独特の文化が有るらしいので、カードゲームやボードゲームに凝っている人を知ってますが、そういう人にはたまらない国じゃないのかな。
余談ですが、ドイツの「ダージリン」と書かれた紅茶は、お湯のせいか、日本のほうじ茶の味がしました。

以上、旅行記でした。
posted by tikuo (ちくお) at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする