2019年06月09日

Hydrangeas and an umbrella.

rakugaki424s.png
【紫陽花と傘】 SAI2/Intuous3
点描でアジサイと背景を表現するという手法を使ってみたところ、思った以上に牧歌的になって、谷中六郎かという印象に。谷中六郎の文庫版の画集は、全部ブックオフで集めた。あと、雑に描いた部分をわざと残してる。
うーん、イラストだけなんだよね。最近は昼休みや夜の空いた時間に、Simplenoteにブログで書くネタの文章だけ書き溜めており、あとはイラストだけあればいつでもアップ可能という状態になっている。また、今回みたいに写真が多いものも、以前はUSBメモリに写真を入れていて、どこに置いたのか忘れたりしたもんだけど、ここんとこはMicrosoft OneDriveにブログネタ用のフォルダを作った。最初からそうすればよかったのだ。

そういえば、Dropboxから「(アプリが古いから)もうすぐ使わせなくなるから覚悟しな」というメールが来始めて1年。「2019/5/7でアクセスできなくするから」と最後通牒が来たものの、まだ使える。Androidにおいて、Dropboxはログアウトされない(Onedriveは頻繁にログアウトする)、更新したらすぐに反映される(Google Driveは更新されない)、PDFが別アプリ無しで開くなど、便利なところが多いので、容量が少なくても手放せないんだよね。
・Dropbox、無料版のアクセス端末を3台までにひっそり制限
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1903/15/news081.html
多分この一環。

●ギターのピックを作ってみよう。

現役時代はポンポン買っていたのに、ここんとこ買うのを渋っているのはなーんだ?

答: ギターのピック。

気がついたら(楽器周り周辺の)実験ブログと化してきたこのブログ。この路線で行きます。

さて、ギターをやらない人にはわからないと思うけど、プラスチックを三角や水滴型(ティアドロップ)に切っただけのプラスチック板が、実は1枚100円(税抜)以上する。それでも楽器屋の中では最安値なのがピックとパッチコード(30cm未満のギターシールド)なので、高校くらいのときは、楽器屋に言ったらお賽銭代わりに購入していた。

sCIMG0458.jpg
当時買っていたのは、ミュージシャンズモデル。なにか違うのかと思いきや、色くらいのような…。真ん中は売れなかった時代の(兄がCD持っとるが)マーティー・フリードマン。

そういうピックだけど、削れてくるんだよね。

sCIMG0459.jpg
左が削れていないもの、右に行くほど先が短くなっている(元はよく似た形)。

高校〜大学初めくらいまでは、ギター=イングヴェイまるむし商店のような速弾きだったので、1〜2弦(細いほう)を単音でチョリチョリ引くだけだった。速弾きには、先のとんがった、硬めで小さめのピックが最適。そのためにヤスリで削って、カスタムピックを作ったりしたものである(後述)。細い弦しか弾かないので、ピック自体はそれほど削れないし、ちょっと削れて断面が斜めになるくらいが一番弾きやすい。では速弾きができるようになったかと言われると、全然なのだけど。

大学の半ばころから、弾けない速弾きを追いかけるのもつまらないし、曲全部を弾けたほうが楽しいということに気が付き、コードを弾くようになった。メロコアやギターポップブームも影響していると思う。コード弾きには、速弾きよりは、指から飛び出した部分がやや大きめのものがよろしい。厚みも少し薄いのが良い。速弾きでは目もくれなかった、三角おにぎり型や、買いっぱなしのピックを使うようになる。

その後しばらく、相当のブランクが有って、再開したときには、ハイポジションコードとパワーコードのリフ中心になってきた。こうなると、また硬いピックがよろしい。で、何が起きるかと言うと、速弾き時代にはなかったペースで、ピックの先が削れていく。本物のミュージシャンは、速弾きもリフ弾きも両方やるんだから、すぐ減るんだろう。

sCIMG0460.jpg
少し前に「ちょうどいいわ」と書いていたのが、ハードオフのロゴ入り青いピック。Fenderのセルロイドピックと同じような形で、Mediumくらいのやや薄め。素材としてはやや脆い。ロゴや色などの配色も良いが、薄いので、パワーコードリフをガシャガシャ引いていると、あっという間に削れてしまうのが難点。これ、買った当初は2枚で80円(40円/枚)だった。つまり、100円に比べると破格だったので、(値段も)ちょうどいいと書いていたわけ。よし、また買おうと思っていたところ、最近ハードオフに行ったら、1枚108円に変更されてんの。ええ〜?

ちなみにこのピックでがっしがっし弾くと、白いピックガードに青い傷(汚れ)がついて、全然取れないので、細かい傷を気にする人は違うのを使ってください。

完全に余談。最近ハードオフ上尾店に行ったら「使用済みピック50円」というのが売ってた。5mmくらい削れてるの。いらんわー。削れてないのも有ったけど、ちょっとね。

○作ればええやん?
値上がりかーそっかー、じゃあプラ板でも買って作れば、100円の下敷きで50枚位作れんじゃないの?と検索すると。

・ギターが一番弾きやすいピックはどれ? いろんな素材で作って弾き比べ!価格コムマガジン
 https://kakakumag.com/hobby/?id=13356
ピック専用カッターって有るんか。しかし、4000円もする。
donya456739.jpg
・上海問屋 ギターピックカッター DN-915607 ドスパラ
 https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=7&br=224&sbr=1094&mkr=2523&ic=456739&lf=0
こちらは1200円。売ってたら買いそう。

それはさておき、そんなもん、カッターとハサミで切れば、いらんのだ。

一方素材はと言うと、上記リンク先でも有ったとおり、使わなくなった会員カードやクレジットカードを使えば元手ゼロ。フードコートなどでは、dカード、楽天ポイントカード、イオンポイントカード等が置いてあるから、アレを取ってき(略)。100均の下敷きもいいけど、薄そうなので。

○今回はティアドロップタイプでね。
お手本は、よくあるタイプのフェンダーを使用。

sCIMG0466.jpg
型取り。ピックをおいてなぞるだけ。カード1枚あたりで6枚いけるかもとは思うが、ロゴを活かしたりしたいので、余裕を持って5枚(おにぎりだと4枚かな?)。

sCIMG0468.jpg
カッターでなぞる。普通のカッターで良いが、手元に先の欠けたデザインナイフしかなかったので使用。文房具は売るほどあるのに、必要なときに出てこない。そのまま切ってしまってもいいけど、ケガをしそうなのでやめておく。ティアドロップの先端部は、心持ち尖り目に切ったほうが良い。なお、自信があればそのままハサミのステップに行ってもよい。

sCIMG0470.jpg
ハサミで切り抜いておしまい。IKEAのハサミが使いにくいわー(3回目くらい)。カッター、ハサミとも、自信を持って切り始めても、切り口がガビガビになってくるのはそういうものなので、気にしないこと。切り終わったらヤスリでバリを取ったり、角を落としたりするとより良いのだけど、個人的には、エッジが90度で巻き弦にジャリジャリいうくらいが好みのため、このまま使用する。

rakugaki423.png
先はともかく、持つ部分のガビガビは、案外気にならない。先の部分の切り方が悪いと、1〜2弦で引っかかるので、手元から先方向に真っ直ぐハサミを入れるのがコツ。

sCIMG0472.jpg
Amazonピック。やわらかすぎるかも?コードカッティングにはとても良い。おにぎり型に切るべきだったかな。FenderのMediumと同じくらいの厚さで、もっと柔らかい。

sCIMG0465.jpg
ポンタピック。ポンタカードって、2年位で裏のバーコードが剥がれて使えなくなるよね?ということで、バーコード面が剥がれて厚み約0.8mmくらい。Amazonとほぼ同じ厚さだが、こちらもちょっとやわらかすぎるかも。Black Sabbath "Paranoid"のリフ(4〜5弦)を弾くと、ウニョウニョとしなるを通り越して曲がる。のんびりカッティング専用だ。

素材違いで感触がかなり異なって面白いので、フードコートやコンビニでもう少し無駄なカードを仕入れてこよう(と意識し始めると、全然置いてない。あのIKEAファミリーカードすら、現在は入手困難)。

sCIMG0471.jpg
さて、真打ちのクレジットカードピック。厚みは0.9mm程度有るようで、これならしっかりしていて、普段遣いに使えそう。できるだけ個人情報を細切れに切るのがポイント。文字の凸凹があるので、裏側から型取りして切り始めるとよい。期限切れカードは「ハサミで切って処分してください」と言われるけど、こう切ればよかったのだ。人前で使って落としたりすると個人情報が漏出する危険性が難。

比べてみると、市販のピックは硬い素材で作られているんだなあということに気付かされる。

○ちなみに…。

sCIMG0461.jpg
先述の通り、市販のピックを素材にして、ヤスリで速弾き用オリジナルピックを作るのにこったことがあって、こういうのがピック入れに入ってた。いずれも高校時の作品。フェンダーのHeavyカスタムは使えそう。ダンロップのは、今となっては削り過ぎて小さすぎ。

○ピックコレクション(主に高校時)。

sCIMG0462.jpg
一番気に入ってるのは、ESPやシャーベルの透明タイプ。全くしならず、削れにくいので、いまだに好き。弾き心地はシャキシャキ系。ただ、滑るうえ、床に落とすとわかりにくい。

sCIMG0464.jpg
ピックボーイの白いのは、セラミック製ですごく固くて速弾き用で弾き心地パリパリ。フェンダーの黒いカーボングラファイト製は、硬すぎて弦がガリガリ言うけど、こういう金属的なのが好きな人は好きなんだろうな。硬すぎるのは、弦の持ちが悪そうである。セラミックもグラファイトも、カッティングには向いてなさそう。

sCIMG0463.jpg
ヤマハのナイロンは、削れないけど毛羽立ってくる。多分兄がフォークギターを買ったときについてきた40年もの。持ちやすくて結構良く、柔らかくて弦に粘りつく。

イングヴェイに憧れて買った厚手のジムダンロップは、厚すぎてツルツル滑る上に、そもそもスウィープ奏法ができないので無理。もう一弾薄いピンクくらいがねっとりした弾き心地でよろしい。その横の小さいのは、やはり2mmのアクリルの超厚手で速弾き用。リフ弾くと指の皮が剥ける。残念ながら日の目を見ることはなかった。

廃物利用だし、ネタ自体微妙かなと最初は思っていたけど、案外悪くないので、しばらくピックを買うことはなさそうだ(20枚作った)。あと、IKEAでは刃物(ハサミ、包丁)は買わないほうが良い。

そうそう、形だけでいうと、道路標識に似てるんだから、道路標識ピックって作ったらどうかな?
 http://kokudoumania.tyonmage.com/
あるんだ…。しかし、フォントが違いすぎるやろ…。

●ひとやすみ。
sCIMG0447.jpg
同僚の出産祝いカードのイラスト。
ちょっと前にプロの画家の人と話したときに見せたところ「お金はもらったのか?なんでもらわないんだ」と言われた。

●腕時計シリーズ。
金額的には全く価値のない腕時計コレクションを紹介していくコーナーを考えたのでひとつ。

まあせいぜい10本くらい(奥さんのも含めても20本くらい)しかない腕時計のコレクションといえるのか、ガラクタというのかを紹介しようと思ったのがこの企画。ロレックスだのオメガだの言うのは一つも出てこないし、今のところ似合いもしないので欲しいとも思わない。ええ。タダでくれると言うのなら…(まんじゅうこわい)。

まあ、20万円の腕時計を1個買うのであれば、1万円の腕時計で十分。でも1万円の腕時計を1個買うのであれば、3,000円の腕時計を3個買ったほうが楽しい。しかし1,000円の腕時計を10個は要らない。この感覚、わかるかなー。

ところで、ネットで自分の持っている腕時計のレビューを探しても、意外に見つからないもの。カシオのデジタル時計みたいな、すごく売れている腕時計以外は誰もレビューしないものである。このネット時代に不思議であるが。

○Seiko Alba APBS113 (AQPK402)
aqpk402-a.jpg
ここ10年位で一番信頼してきた腕時計。
これまで色々と使ってきたけど、結局のところ電池式クオーツが一番信頼できる。

ちなみにソーラー時計が好きではない理由参照。
○エコじゃないドライブ
 http://tikuo.seesaa.net/article/121504662.html

ハミルトンやタイメックスの軍用腕時計を模した、セイコーの廉価版ブランドであるアルバのスポーツウォッチ。ヨドバシで3,000円位。ペラペラのプラケースやビニール袋に入って、壁などに「吊り下げ」られている腕時計である。こういう量産型の腕時計を、個人的に「吊るし系」「吊られ系」の腕時計と呼んでいる。

まず、購入した経緯。
腕時計の話を書く時に、空き巣の話を避けては通れないのです。

○空き巣の話 (次回以降も度々出てくる)。
このブログをはじめる直前、2007年の4月に空き巣に入られた。当時は県道沿い、道路向きの玄関の4階建てのアパートであったが、帰宅すると何故か玄関の鍵が開いており、不審に思って家に入ると引き出しが放り出してあったりと酷い有様。現金は、2,000円札貯金(2〜3枚)くらいしか置いていなかったのは無事で、とある所に置いてあった通帳なども無事。

41767400.jpg
(その日の写真)
ひどかったのは「給料袋(未開封)」を大量に引き出しに入れてあったのが、部屋中に破ってまき散らかされていた。その「給料袋」は、明細が1枚ペロッとはいっているだけなんですがね。その時に、お金がなくて腹を立てたと思しき中国窃盗団(後に一部逮捕で判明)は、買って1週間の中古パソコンと、ペンタブレットの板。そして腕時計を3本盗んで逃走。

ちなみに、空き巣に入られた時の対処は、まず警察を呼び、こちらに不備がなかったことを主張。そうしないと「鍵を開けて仕事に行ったでしょ?」などと勘ぐられるので、必ずそれを強く否定しておく。現場検証のあとで、取られたものの盗難リストを作成する。型番、購入時期、購入金額とともに、可能であればシリアルナンバーなんかも書いておくとよろしい。書いておいたところで、盗まれたものは海外で捌かれているため、まず返ってこない。

41768900.jpg
その後、気になるならクレジットカードなどの停止(明細等から漏れるとは思えないけれども)の後、必ず火災保険の会社に連絡する。保険証は大事だよ。賃貸にしろ戸建てにしろ、入居時に義務的に入らされる火災保険。ここに必ず盗難に関する保障がはいっているというわけ。この保険会社にも、警察に提出する盗難品リストと同じものを送る。

そのあたりは、Alt-Rで知り合った、北野國唐氏に教わった。同じく空き巣入られ仲間。
 https://twipla.jp/users/kitanokunikara
最近はボードゲームのサプライヤーをされているらしい。

そうするとですね、盗難にあったものの時価+見舞い一時金なるものが振り込まれる。ワタクシの場合、盗られたものを全部新品で買い戻せるくらいのお金が支払われた。それもあって、やや高価な鍵に交換し、サムターン回し防止グッズなども買った。家財道具一式や現金大金を持っていかれない限り、火災保険でかなりカバーされるので覚えておくこと。

空き巣にあっての教訓として、
・アナログ時計はCasioでも盗まれるが、デジタル、デジアナなら盗まれない
 (中国人窃盗団の価値観、G-Shockは盗られるかも)。
・高い時計のコレクションも盗まれたらそれまで。

○さて。
盗られた腕時計の中にあったのがこれ。
・Seiko SUS AGS/Kinetic
  http://nakahiro.parfait.ne.jp/moji2/ags.html
Seiko SUS AGS.jpg
セイコー SUS AGS。写真で今見てもかっこいい。この時計は、2万ちょっとしたと記憶。このセイコーSUSは、兄の初任給が出た時に、「腕時計がボロいから買ってやる。好きなのを選べ」と言われて買ってもらったもの。自動巻き発電という変わった機構で、購入当時はフル充電で3日稼働した。

しかし、3日に1度は着けないと止まってしまうので、便利なんだか不便なんだかと言う腕時計で、2006年にセイコーに送って何千円かで中身を取り替えてもらい、3ヶ月持つ仕様に替えてもらった。でも交換後は頑張って使っても、せいぜい1/3しか充電できず、実質最長で1ヶ月以内やん?と思いながら使っていた。フル充電まで充電するには、自動巻き機が必要。現在はもちろん2007年時点でも、ほぼ手に入れるのは不可能。実際使ったのは11年間位かな。

33974100.jpg
16735300.jpg
自分で撮った写真があまりない。

○SUS vs Alba

で、セイコーSUSの時に感じた、ミリタリー調の腕時計は見やすくて良い!という経験から、それっぽいのを選んだのがALBA。カレンダーも2ヶ月に1回調整するのが面倒なので、無いやつに。文字フォントはややだらしなく横長で、針ももっと直線のほうが良いかと当時は思ったけど、今見るとそんな変でもない。

CIMG1904s.jpg
元々はナイロンクロス(布)ベルトだったけど、速攻で金属ベルトに交換。実は最近になってナイロンベルトをするとアレルギーが出ることが判明したため、金属、合皮、ウレタンベルトしか使えない。この交換した金属ベルトは、当時ダイソーで売っていた腕時計(735円)から取ったもの。また、普通の人とバックル位置が上下逆だけど、これはこれでこだわりなので放っておいて下さい。

良いところは、2〜3年に1度電池を変えたら、カレンダーもないのでほぼノーメンテナンスでいける所。気になるほど狂わないし。黄色い秒針もポイントになっていて、すごく見やすい。黒のようで紺色というのもいい。針には一応ルミブライト(セイコーのめちゃくちゃ明るい蓄光塗料)が塗られている。

CIMG1903s.jpg
紺色っていうの、わかるかなあ? さらに、セイコー系の腕時計はガラス(ハードレックス)が比較的丈夫らしく(カシオ比)、傷が付きにくいのも良い。仕事が技術屋なので、時々ドアや機械にぶつけてしまうものの、10年経ったいまだでもガラスはほぼ無傷。

最初は空き巣に盗まれたSUSに対し、「安物の代替品」という気分で使っていた。もともとアルバはセイコーの安ライン。シチズンで言えばQ&Q、ソニーに対するアイワということは知っていたし、以前に購入したアルバのソーラー腕時計も5年ほどで蓄電池切れからの油切れで動かなくなるなど、あまり品質のイメージはよくなく、「今日は安い時計でいいかな」というときにしか使っていなかった。しかし子供が生まれたあたりから、軽くて薄いため、メインの時計になってきた。やっぱりアルバとカシオとQ&Qは、技術屋の腕時計だなと思う。

同じシリーズでは、カレンダー付きやチタン製、ソーラー式などの別バージョンがあり、その中でも文字盤が白くて全面が光るモデル(AQPK401)は非常に良さそう。最近はモデル名が変わっているようで、ワタクシの持っているAPBS113はAQPK402となっている。ムーブメント(キャリバー)は旧版がアルバの非常にポピュラーだったV501、新しいのはYJ21というのに変わっているものの、あいかわらず電池寿命3年なので、ほぼ同じであろう。最近のカシオだと、電池が10年持ったりするんだけどなー。ちなみに電池関係では、2秒運針などの気の利いた機構はなく、切れると突然止まる。

で、去る2019年2月の始め、仕事中にはたと止まったきり動かなくなった。電池を変えてもダメ。さあどうする?

〜つづく〜
posted by tikuo (ちくお) at 10:41| Comment(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: