2014年05月24日

【紀行】20140513 ケルン1日目

CIMG0010.jpg

ケルン駅!
CIMG0011.jpg
ケルン駅の反対側。

この出落ちをするためだけにカエルを持ってきたわけです。ちなみにこのカエル、4年前にストックホルムに行った時、公園で拾ったもの。
この記事を書いた直後に拾ったのでした。
http://tikuo.seesaa.net/article/154417499.html

カエルの出番終了(もう出ません)。

○朝食。
DSC_0158.jpg
5月のケルンの朝は5時半頃にうっすら明るくなります。サマータイムなので、日本時間に合わせると4時半。日本とあまり変わりません。7時になると、学校や会社に通う人たちがぞろぞろと…言うのを見ながら(見られながら)の、朝食。学生さんの8割はリュックです。

パンが美味しい。大体どこに行っても、ドイツパンだけでなく、フランスパンも他のパンも美味しい。小麦が良いのか水が良いのか。ホテルのビュッフェなので、毎日同じものを食べてますが、また出てきます。

○ケルンといえば。
DSC_2062.jpg
ケルンといえば大聖堂ですね。何しろ駅から徒歩1分。千葉で言えば千葉そごう、梅田で言えば阪急、京都で言えば伊勢丹、岡山で言えば一番街位の距離に有るので、「あ、帰りにパン買うてかえらな」レベルで「あ、大聖堂っ寄っとかな」という感じで寄れます。
DSC_2064.jpg
ま、朝方きれいなのは裏っ側ですけどね。裏から日があたって、大聖堂の中はステンドグラスがさぞかしきれいなんでしょうなあ。なんだかんだで、これからお仕事でございます。
DSC_2066.jpg
かなり怪しげなアンダーパスを通って、
DSC_2070.jpg
ライン川に出ました。ほーこれがかの有名なライン川か。

○こちらもケルンといえば。
DSC_2071.jpg
ホーエンツォレルン橋。ケルンの写真というと、橋なめの大聖堂っていうのが多いので、こちらも一つのシンボルなんですな。そしてホーエンツォレルン橋といえば。
DSC_2073.jpg
鍵。
ちなみにコチラ側はメインの鍵のフェンスから裏側ですが、それでもこんなにみっちり。
DSC_2089.jpg
表(南)側はこんな感じ。
DSC_2092.jpg
一部はもう付けるところがないくらいに。

○自転車事情。
写真にもちょいちょい写っていますが、この橋は、電車と歩行者、そして自転車のみ通れます。
過去に知り合いから
「ドイツで自転車に乗ってたら、警察に止められて『自転車は車道だ、車道を走れ』って怒られたよ」
という話を聞いていたのですが、自転車は90%歩道を走ってます。右側の歩道とか関係ありません。その辺は日本と同じ(法律上は無視して)。しかもベルをチリンチリン鳴らされて、割とルールもないようす。ただ、歩道が2本にラインで分けられている場合は、自転車は車道寄りを走るのが決まりなようで、女子大生くらいのおねえちゃんに
rakugaki318.jpg
「Hey!」って指導されました。とにかく、ケルンは自転車が多いです。ルールがわかれば乗ってみたいところ。電車も乗れるしね。

○WiFi事情。
「日本は駄目だ、諸外国どこに行っても無料のWiFiが使えるのに」という話はネットなどで時々聞くけど、その場合の諸外国にはカナダもドイツも含まれておりません。早い話、ドイツはWiFiをなかなか使わせてくれません。

まず空港では、Telekom FreeというWiFiが飛んでいますが、使うためには番号が生きている携帯電話でSMSを送って、認証コードを受け取る必要が有ります。WiFi機器のみ持っている人には、使用できないものです。ここ最近行った空港の中で一番渋い対応ですね。

また、街なかでは当然つながりません。TelekomというAPはよく見るんですが、クレジットカードで支払って使う様子。
ケルンの駅の中は2〜3ほど、完全フリーのWiFiが飛んでいたので、時々メールを見たりしていました。恐らくファーストフードの店が飛ばしてるんじゃないでしょうか。
DSC_2076.jpg
仕事場はここでしたが、幕張メッセのように無料のWiFiは無く、特別に飛ばしているWiFiを使ってました。やっぱりWiFi無いとね。

○ドイツのお金。
今回の旅行で、実はチップをほぼ払っておりません。1度だけ、知り合いとご飯を食べに行って「じゃあ渡しといてね」と支払う人にチップ分を含めて渡したのが有りましたが、だいたいきっちり戻ってきました。他の店でも「22ユーロね、じゃあ25でいいよ」と言って店員に渡したら、きっちりおつり3ユーロ戻ってきたし。こういう国好きだわ。

「店では消費税がかかるよ」と聞いていたけど、大体買ったものの金額だけしか請求されないので(安いものしか買わないしね)、レジに並びながら計算して払えるのも良い所。レジは例に漏れず遅いけどね。

また、だいたいの国において儀礼的に行われている、ホテルでのクレジットカード提示も無し。一度もクレジットカードを使うことなくおわり。うーむ、日本と似ている。

○Gmailアプリがブロックされた。
1日目に困ったのがこれ。Android (SO-01C)でメール受信をしたら1通も来ないので、世の中平穏でよろしい、なんて考えていたわけです。でもそんなわけはなく、PCを起動してみたところ、Gmailに「不正なログインがブロックされました(Gmailアプリ)」というメールが来ているではありませんか。

いつも日本からしかアクセスしない人が、海外から同様にアクセスしようとすると、Gmailサーバー側で「国外からの不正アクセス」としてブロックしてしまうということらしい。2年前にはなかったんだけどなあ。

解決するのに他に方法はないので、Gmailのパスワードを変更。国外なのでSMSは使えないため、2段階認証にしてたら死んでた。不幸中の幸い。

しかし、それにともなって出てくる影響として、Androidの基幹パスワードが変更になるわけです。こういう例は初めてなのでどうしたもんかと思っていたら、 1) カレンダーなどで同期をかける。 2) エラーになる。 3) 設定から「同期」を確認。 4) エラーになっているところをタップ。 5) パスワードを再入力。 とこれだけれ良いらしい。無事カレンダーや印をつけたマップを取り戻すことが出来ました。

実は今、奥さんが不在なんですが、奥さんのAndroidも、カレンダーやマップは共通で使いたいため、ワタシのGmailにヒモ付けてあり、そちらも設定し直さないといけないなあというところ。

旅行をするよってGoogleカレンダーにも書いているんだから、ゆうしゅうなるGoogleの方におかれましては、いちいちパスワードを変更しなくていいようにしてほしいものです。セキュリティの低いWiFiしか使えない国だったら、アカウントごと捨てないといけなくなりかねないし。

○ちなみに
ホテルのWiFiからここの更新をしようかなーと思ったのですがSeesaaか、ホテルのWiFiかの問題で、編集画面に辿りつけなかったんですね。ドイツってネット環境が色々と厳しいのかもしれない。

○夕方
DSC_2080.jpg
夕方の大聖堂裏から。逆光。
DSC_2095.jpg
ライン川沿いの北欧かイタリアっぽい町並みを歩いて。
ラートハウスという議会みたいなところに来るよう言われたんだけど。
DSC_2101.jpg
ここに入ったら、明らかに午後の礼拝中でした。どう見ても協会で、お酒が振る舞われるようには見えず。
DSC_2106.jpg
実は一本裏に似たような建物があって、そちらが正解でした。似てるやん。
DSC_2108.jpg
Rathaus って、ネズミの家?
DSC_2113.jpg
DSC_2126.jpg
彫刻がいちいち規模がでかいし数が多い。
DSC_2128.jpg
その後、NHK「世界ふれあい街歩き」で入っていたらしいパブで夕飯(噴水左の店)。
DSC_2143.jpg
DSC_2140.jpg
DSC_2135.jpg
突然ピアノを引き始めたり、電子オルゴールが鳴り始めたりとにぎやか。一緒に行った人が「あー外れ引いたー。ここだけは避けてたのにー」だそうな。ちなみに料理は美味しかったけど、全体にこじんまりしていて、トンカツ(シュニッツェル)も、ほか弁に入ってるようなかわいいやつでした。

「ドイツの夕飯はお金がかかるよ」と聞いていましたが、この日も外の日も、一人せいぜい15ユーロもあれば足りてしまって、全然お金を使いません。
CIMG0066.jpg
次の日に続く。
posted by tikuo (ちくお) at 09:26| Comment(1) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カエルが行ってたなんて知らなかった!
ケロケロ、
ケルンか!
Posted by みすちー at 2014年05月24日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック