2014年02月04日

Worms.

rakugaki-2014-03.jpg
【蟲】
100のお題の第3題。こういう中二病丸出しのお題はちょっと苦手。「虫」でいいと思うのに、必要以上に方向性を決める装飾はいらない。第4題「デンジャー」も「危険」でいいじゃないかと。「蟲」って、サブカルの人たちが好んで使うのは江戸川乱歩の短編の影響が大きいのかと思いますが、そろそろ元の話を知らない人のほうが多いのではないか。次からことわざなんかに絡めようかな。
ちなみにイラストの方は、ちまたで話題のダイオウグソクムシ。素揚げにしたらおいしいらしいです(探偵ナイトスクープ情報)。

●デフレ?
街なかにでたら、商品入れ替えシーズンなのか、ものすごい値段に出くわすことがあります。「全品70%Offで、今なら更に20%Off」なんて、3900円が936円ですよ。デジタルものでは、トイデジカメVQ2005が1155円、リサ・ラーソンの猫のデジカメ(黒なのでリサ・ラーソンかどうかわからん)が1200円。ブローニーを使うトイカメラ、Holgaが1200円。Sonyの電子書籍リーダーPRS-650が980円。全部同等品を持ってたり、代用できるものばかりなので買いませんでしたが、大体市販価格の80〜90% Offです。金銭感覚が狂いそう。

●映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を見たよ。
thewolfofwallstreet.jpg
映画の日に見てきました。レオナルド・ディカプリオって、いい役者になったよねえ。「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」的な詐欺師路線なんだけど、語りが嫌味でも子供っぽくもなくて、全体は長いんだけど非常に良いテンポで爽快。いや、爽快とはちょっと違うな。内容はFやSなどの4 letter wordsだらけだし、裸ばっかりだし、ムードはないので一緒に行く相手は選びましょうという映画。
絶対にテレビでは放映できないR-18指定だそうです。1990年代前半の懐メロが多くて、イントロだけ流れたりするので、そちらも聴き逃さないように。同じようなダーティーな映画、ジョニー・デップの「ラム・ダイアリー」より、断然面白いです。

●電子書籍をつくろう。それも、無料で(長い)。

○テキスト(epub3)編。

テキストだけであれば、結構簡単に作れます。epub3という形式のファイルを作成することで、文字の拡大縮小が自由、端末の解像度に左右されない、読みやすいファイルを作ることができます。epub2だかepub3になったことで、簡単に縦書が表示できるようになったのは、2009年にiPod Touchを手に入れて、縦書を読もうと努力した時と比べて、隔世の感があります。また、ソースのテキストさえ持っていれば、縦書にも、横書きにも変換できるので、自分の好きなレイアウトで読めるのも利点の一つでしょう。

なお、koboの場合は転送前に.epub→.kepub.epubに拡張子を変更してください。

○Instapaper。
http://www.instapaper.com/
とにかく読めればいいや、という人におすすめなのはInstapaper。ブログ等をワンクリックで保存。10記事ずつまとめてepubにしてダウンロードできます。ChromeやFirefoxなどで機能拡張をダウンロードするか、ブックマークをブックマークバーにおいておきます。AndroidやiPadのアプリは有料です。

・Instapaper Chrome機能拡張 (ロシア製の偽物もあるので注意)
https://chrome.google.com/webstore/detail/instapaper/ldjkgaaoikpmhmkelcgkgacicjfbofhh?hl=en-GB

☆ポイント
1) 一部の文字が本文でないと判断されて消えることがあります。
2) 表紙は文字のみになる。
3) 挿絵は多分勝手に入る。
4) 目次ページがちょっと鬱陶しい。
5) 縦書にはならない。


☆変換法
instapaper01.png
まず保存したい記事を表示し、機能拡張のアイコンか、ツールバーやブックマークバーのブックマークをクリックします。

次にInstapaperのユーザーページに移動し、フォルダを作ります。フォルダ名が出来てくるepubのタイトルのなるので、ここ重要。
instapaper02.png
10記事分だけそのフォルダに移動します。(なんか順番が逆になってる…)
instapaper03.png
フォルダを表示した状態で、右上の丸に下矢印をクリックするとepubがダウンロードできます。

CIMG0549.jpg
・家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています
 http://blogs.yahoo.co.jp/kkajunsky

CIMG0548.jpg
目次が自動でできるのですが、変に押すとリンクに飛ぼうとするので、ちょっと鬱陶しい。

☆向いているファイル
ブログやテキストサイト。広告などが消えるので、非常に読みやすくなります。ただし順番には注意で、保存した逆順およびフォルダに転送した逆順になります。ブログの場合、古い記事→新しい記事と読みたいのであれば、新しい記事から古い記事に向かって保存またはフォルダに移動していく必要があります。しかし時々うまく並ばないので、並び替えオプションがほしいですね。

また、日記サイトなどでは日付が飛んだりすることがあるので、しっかり作りたい場合は、textにした方が良いのかも。

○青空epub3。
http://www18.atwiki.jp/hmdev/pages/21.html
javaが必須です。インストールしてください。
青空記法に則ったファイルを持っているのであれば、こちらが最も簡単。用意するのは、青空記法のテキストファイル(○○.txt)と、表紙(jpg, gif, png)だけ。

☆ポイント
1) 太字などの文字装飾を入れるのが難しいので、そういうテキストには向いていない。
2) 青空文庫のルビに対応。
3) 作中に挿絵を入れるのは困難。無理かな。
4) 縦書にした場合、半角英数がどうなるかはよくわかりません。


☆変換法

aozoraepub3.png
ドラッグ&ドロップだけです。(画像が違うな)
設定がいろいろありますが、使うのは著者名、作品名の入力、保存形式、縦書き横書きのチェックくらい。

☆向いているファイル
この変換に向いているファイルは、当然ながら青空文庫からダウンロードしたものがベストでしょう。ただ、挿絵がなく、文字装飾が少ないものであれば、ブログなどの記事でもtextファイルにまとめて変換すると使えます。

・青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/
「ルビあり」の作品zipファイルをダウンロードし、解凍する。

・南総里見八犬伝
http://www.fumikura.net/text/hakkenden.html

・デュマ(黒岩涙香訳) - 岩窟王
http://jikenkisya.blog.ocn.ne.jp/keiatjiken/2008/04/post_d7b9.html
古い名作のテキストは、探せばいろいろ見つかります。

☆短篇集を自作したい。
青空文庫でダウンロードできる作品には短編が多いため、文庫などに慣れている人にはまとめたくて少々イライラするものがあります。また、ブログなどの記事の場合も、時系列に複数並んで、一つのepubファイルにまとまっている方が読みやすくて便利でしょう。

そこで、短篇集を作る方法です。とても簡単で、いくつかの短編を一つのtextファイルに繋げていき、まとまったところで変換するだけ。なお、その際覚えておきたいのが、青空記法「改ページ」です。

☆青空記法について。
・青空記法マニュアル(2)
http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MANUAL_2.html

長々と書かれていますが、一番大事なのは「改ページ」です。
あとは必要に応じて調べてください。次の章が始まる前に [#改ページ] とコピペします。全角なのが嫌な感じですね。

青空文庫をまとめてくれているサイト。表紙もついていて便利。
・曇天文庫
http://blogs.yahoo.co.jp/a_bucha_bucha

○でんでんコンバーター
http://conv.denshochan.com/
こちらはオンラインでepubを作成できるサイト。青空epub3ではうまくいかなかった挿絵の挿入なども可能です。その分、複雑になりますが、htmlを書いたことのある人なら、簡単に使いこなせるでしょう。

☆ポイント
1) 太字、上付き、斜体などの文字装飾はマークダウンまたはタグを使います。
2) 挿絵が入れられます。挿絵のキャプションは難しい(出来ない?)。


☆変換法
textファイルと画像ファイルをまとめて選択(shift, CTRLで複数選択)してアップロードすると、長いファイルも1分以内で変換してくれます。画像省略。

☆向いているファイル
なんでもいけます。大変面倒ですが漫画もできます。

☆でんでんコンバーター用マークダウン、タグについて。
http://conv.denshochan.com/markdown


基本的にxhtmlタグなら大丈夫なようですが、マークダウンのほうが楽なこともあります。
例。
*○○* 斜体
**○○** 太字
#見出し# 見出し大
##見出## 見出し中
=== 改行
> 引用 (以下段落1字下げ)
^99^ 横中縦(数字2文字まで。縦書専用タグ)
![画像](image123.jpg) 挿絵挿入
<br /> 改行(実際には半角で。xhtml記法)

その他、sub(下付き)、sup(上付き)なども使えるので、放射性同位体や化学式などが多い文章にも使えるのが良い所(入れるのは大変だけど)。

注意すべきは改行で、空行が必要以上に空いてしまうのがやや難点。読みやすければいいけどね。挿絵はkoboに持って行くと適宜縮小されます。

今個人的に作成中なのは以下のサイト。

・生化夜話
https://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/chem_story/index.html
CIMG0546.jpg
CIMG0547.jpg
挿絵も入ってます。
いずれ書籍化されるでしょうけど。縦でも横でも読めるように作成中。

(追記)
オンラインのエディターで、縦書き横書きとも出来上がりをプレビューしながら編集できるようになりました。長いePubの作成は大変なので、章ごとに編集すると良いと思います。
・電電エディター
 http://edit.denshochan.com/#

○マンガ編
テキストはネット上にたくさんあるのでわかりやすいのですが、マンガだってあります。面倒だと思われがちですが、ちょっと手を加えるだけでオフラインで快適に読めるため、やらない手はないでしょう。なおkoboで読む方法についてしか書いていません。他の端末の方は応用を探してください。基本は同じです。

○単純zip法。
Windowsに標準付属のzipアーカイブを使用します。koboの場合は転送前に.zip→.cbzに拡張子を変更してください。

☆ポイント
1) これ以上ないくらい簡単。
2) 後からファイルが足せる。


☆変換法
漫画の画像ファイルをファイル名順に並ぶようにダウンロードします。と言っても難しいので、例えばダウンロード順(更新順)で並べて、頭に000〜999のようなファイル名を付加するとよいでしょう。

・All rename (お〜瑠璃ね〜む)
 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/allrename/

zipasshuku.png
できたら、そのフォルダを右クリック→送る→圧縮(zip 形式)フォルダーで圧縮。拡張子を変えておしまい。

例えばこんなかんじ。
CIMG0544.jpg
・ギャラリークラフト
 http://gallerycraft.hateblo.jp/

・Matogrosso
 http://matogrosso.jp/
こちらもオススメ。高野文子さんの漫画(連載終了してしまった!)等が読めます。また、連載小説もあるので、上記、青空epub3などでepub化するには向いているんじゃないでしょうか。しかし一部は文字の投稿も画像になってるんですなあ。変なの。

その他「おすすめWeb漫画」などで検索すると、たくさん見つかると思います。ダウンロードの手間がかかりますが、e-inkで読むと、また違った印象を持つと思います。
タブレットやスマートフォンの場合は、Perfect Viewerなるアプリを入れると、Zipファイルが読めるそうです。

○ChainLP。
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/chainlp/
Microsoft.NET framework 4.0が必要。Win7以上で自動アップデートしていれば、勝手に入っているはずです。
Zipライブラリが必要。cbzやzipファイルをいじるためにUnzipライブラリもついでに入れておくとなお良し。
・統合アーカイバプロジェクト (左の個別ライブラリ)
 http://www.madobe.net/archiver/index.html

電子書籍で漫画というと、必携に近いソフト。

☆ポイント
1) 解像度を端末に合わせることが出来る(kobo touchは600x800)ので、ぼやけない。
2) カラーページも白黒化してガンマ調整すると、e-inkでも見やすくなる。
3) コマ外の白紙部分のトリミングも自動でやってくれる。
4) PDF→cbz, ePub変換も一発。 逆もできます。
5) 2個1機能で4コマ漫画が1ページに2つずつ載せられる。
6) 見開きページを1ページずつ分けることもできます。
7) 文字PDFは変換するとページごとの画像になり、検索もできなくなるため向いていない。


☆変換法
多機能ですが、チュートリアルページがたくさんある上、多分初見でも使えるため省略。
Chainlp01.png
・佐藤秀峰 「ブラックジャックによろしく」 (パブー)
 http://p.booklog.jp/book/48193

・Jコミ PDF化作品
 http://www.j-comi.jp/title/index/query:PDF

パブーやJcomiなどには、登録不要・無料でダウンロードできる漫画PDFデータが複数あります。タブレットなどではそのまま表示できるのですが、koboはPDFを不得手としているため、ChainLPを使って変換してあげるとよいでしょう。

2個1表示。
CIMG0545.jpg
・ゴンドウケンジ 作品集
 http://nekosya.sub.jp/gonken/

インターネット上って、4コマ漫画が相当多いような気がします。コマごとに1枚画像にしている人もいますが、4コマが1ファイルにまとまった縦長のファイルなら、1ページに2つずつ表示できるので、本当の書籍みたいになって読みやすいですね。

(追記)バラバラの場合はこういう便利ソフトがございます。
・フォルダ内の画像をファイル名順で指定枚数ごとに連結「ImageMerge」
 http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20121205_577188.html

○まとめ。
それぞれ一手間必要ですが、インターネット上のファイルを電子書籍端末で読めるというのは結構な利点だと思います。また、Web上の記事は、ある日突然サービス終了で消えてしまうことがあります。そうなっても、何ヶ月、何年後かに、電子書籍で読み返せるというのも良いですね。現にそうなっちゃったサイトのテキストを少し持っているので、今後自分用に電子書籍化を検討中。

さらに、この方法を知っていれば、自分でepub出版も可能ということです(DRMは付きませんが)。読み物を作るだけでなく、取扱説明書や注意書き、地図なども電子書籍にしてしまうことで、使い道は色々と広がるでしょう。

あと、作っている時やそれを表示させている時は、読んでいる時よりも面白いってのが、個人的にはツボですね。
※なお、使用させいただいたサイトについては、各リンク先でご確認ください。著作権を侵害する意図はありません。
posted by tikuo (ちくお) at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「でんでんコンバーター」で変換お試しする為のサンプルテキストファイルを提供(変換後のキャプチャも掲載)
Excerpt: Kindle Fire HDX 8.9″ / Amazon テキストを電子書籍(EPUB3)に変換して出力する無料WEBサービス「でんでんコンバーター」で、実際どのような電子書籍(EPUB..
Weblog: materialize.jp
Tracked: 2014-04-23 01:18