2012年11月01日

Halloween 2012

rakugaki-t261b.jpg
rakugaki-t261bs.jpg
【ハロウィーン2012】 SAI/Favo (Windows 8)

巷でハロウィーン特別セールみたいなのをやっていますが、「パンプキンパイ」だの「パンプキンタルト」だの「ホクホクかぼちゃの煮つけ」だのがハロウィーンなのかい?そういう適当な日本ローカライズ、大好きです。もっとやれ。イースターでタマゴ食べまくりとかどう?

さて、今回はWindowsの話を書きます。いろんな合間に書いたメモを継ぎ合わせたもので、かなり長いので途中から畳みますが、Windows 8をインストールしようかとしている人向けの有用な情報になれば幸い。

●その前に…Windows 7 Starterが?

約3年使っているネットブックEeePC 1005HE。最初の頃は「むりかべ」で壁紙を変えたりしたもんですが、気がついてみれば WIndows 7 Starterの水色の壁紙が落ち着くもんで、そのまま使うようになりました。ところが。
windows7-1.png
なぜかウィンドウが半透明に。

windows7-2.png
そしてエアロフリップまで。

windows7-3.png
そして壁紙も変えられるのだ。左下にこれまでの設定が保存されてますな。
もちろん、EeePCのStarter Editionですよ。

使ったのはこちら。
・Aero Patch 1.4 enables Aero transparency and personalization features in Windows 7 Home Basic and Windows 7 Starter
http://winaero.com/comment.php?comment.news.15

うおーすごいー、これはブログで紹介せねば!と、どの時は思ったんですけどね。
なぜか、この設定が維持されたのは3日間のみでした。気が付いたらふつうのグレーで不透明なメニューバーに戻っておりました。その後は何回再インストールしても、変わりません。また、一番期待したマルチモニタ設定までアンロックされるかと言う点については、まったくもってダメ。

以上、小ネタとしてご紹介。

●EeePCにWindows 8を入れましたよ。(超長文)●EeePCにWindows 8を入れましたよ。

IMG_5918.jpg
2012年10月26日に、満を持して発売されたダメOS…いや、新OS、Windows 8をEeePCに入れました。いろいろと示唆に富むことが起こったりなんかしたので、ここに記録しておきたい。また、同じようにネットブックにWindows 8を入れようという人の背中は押したいし、悩んでいる人を押しとどめたりもしたい、そういうOSです。OSを発売日に入れるなんて初めてですよ。

なにしろ、すごく安い。32bit版だけですが。

・日本マイクロソフト、Windows 8 Proへのアップグレードを3,300円でダウンロード提供 「2012年10月26日から2013年1月31日まで」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121026_568872.html

64bit版は5800円というやつでしょうか?どうしても64ビットが必要な人はそちらを。ネットブックには32bitで十分です。

使用したEeePCは、Asus EeePC 1005HA メモリ2GB(換装済), HDD160GB(パーティションを切り直して2ドライブ化済), Windows 7 Starter。メモリ以外はほとんど店で売っている状態と変わりません。これまで再インストールは実行したことなし。

○まず、Windows8は必要か?

いきなり、結論的なことを書きます。
・Windows 8 は、Windows 7の有料メジャーアップデートといってもいいものです。
巷ではWindows 95から17年ぶりの大改変なんて言われてますが、蓋を開けてみれば、Windows 7にタブレット用のランチャーがついただけというものでした。つまり、Windows 7で安定して動いている機種に入れても、多分恩恵はありません。32ビット版で4GBまでしかメモリを認識できないのも継承しているようです。逆に言うと、Windows7くらい敷居の低いOSです。

・Windows 7から変わってないって言うけど、変わったんでしょ?
ログイン周りは変わってます。また、標準だといわゆる「メトロ」が出てきます。また、メトロアプリが導入されましたが、今のところ使えるものがほとんどありません。さらにネットブックでは、解像度がネックになって初期状態ではメトロアプリが全く動きません(メトロ自体と普通のソフトは動きます)。

・ネットブックに入れる必要があるの?
Windows XPが搭載されているものは知りませんが、Windows 7 Starterが入っているのなら、アップグレードしても悪くないと思います。特にマルチモニタ機能が使えるようになり、それに3300円なら納得のお値段かと思います。ただ、メモリは2GBに増設しておいたほうがいいかも。

・XPやVistaから乗り換える意味は?
セキュリティの観点から言うと、Windows 8 (または7) に乗り換えたほうが無難です。ただし、注意すべきは互換性。特に64bit版を入れると、ドライバが見つからない周辺機器があります。乗り換える前に"7に対応"していることをご確認ください。

・乗り換えて何ができんのさ?
まず、アンチウイルスソフトのSecurity EssentialsがOSに統合されているので、そのままでもそれなりに安全になります。気がついた変更点はそれくらいです。あとは7で導入された、エアロスナップ機能。それから、WiFiをシェアしてPCを無線ルーター化する機能が標準で入ります。

・PCが古いんだけど。
ネット上の情報から行くと、2006年以前のPCにはインストール出来ない様です。目安はPentiumMとか、HT搭載以前Pentiumなど。そのへんはXPで諦めましょう。お安く導入したい場合は中古でCore 2 DuoあたりのOS付きのものを買って、インストールすればよいかと思います。ノートで15000円、デスクトップなら8000円位からあるようです。もちろんネットブックは2009年以降発売なので、HDDタイプならすべての機種でインストール可能です。容量的な制限のある901X等の機種は調べてください。

結論。専用機器(スキャナやテレビなど)、専用ソフトやフォント、特殊なソフト(ゲームなど?)が手放せないという場合を除き、XPかVistaからアップグレードするのはおすすめします。7の場合、ほとんど変更がないため、Starterを使用している機器以外では、今のところとくにおすすめはしません。しかし、あとで書きますが「とりあえず買っておく」ことは可能です。

○買うことに決めたぞ!何をすべき?

必ずデータのバックアップを取ってください。特に「制限ユーザー」「標準ユーザー」は注意を。
今回のアップデートでハマったのですが、Windows 7 Starterの「標準ユーザー(インストール等ができない)」を引き継いで使用すると、フォルダやドライブが開けず、USBメモリすら開けないということがありました。Windows 8上で新しく標準ユーザーを作ったら解決したものの、問題の既存ユーザーはユーザーの種類を管理者にレベルアップさせてもダメだったのでユーザーごと削除しました。(データは一応管理ユーザーから引き上げが可能でした)

・どこのバックアップを取るのさ?
Windows 7は"C:\ユーザー"の中身です。「お気に入り(IE)」「ドキュメント」と「デスクトップ」です。VistaとXPはクリーンインストールになるようですので、すべてのバックアップが必要です。

(追記)
・アップデート版でインストール後はクリーンアップを。ただし慎重に。(要管理者)
アップデート版をインストールすると、ドライブCに"Windows.old"という過去のWindowsファイルが残ります。
また、Windows 8は、Windows 7と同様の自動バックアップを作りますが、なぜか7とは別のフォルダに作ろうとします。多くの人はHDDの別のパーティションに設定されていると思います。

Cドライブについては、Cドライブのプロパティ>クリーンアップの項目に「システム領域のクリーンアップ」で過去のWindoowsファイルと一時インストールファイル(ワタクシの場合30GB程)を削除します。
別ドライブの自動バックアップファイル(WindowsImageBackup)は、管理者でログオンして削除します(私の場合、少なめに設定していたのに40GB)。このフォルダは通常ユーザーが消したりコピーしたりできません。
いずれにせよ、1) Windows8で十分安定して動いていること 2) 過去の個人データは全部Windows8から見られていること などを確認の上で消してください。消したデータは帰って来ません。


・根本的な解決法
こういうことをするときに便利なのが、「ポータブルアプリ」というもので、USBメモリに入れて持ち運びができるアプリです。たとえば"Opera@USB", "Thunderbird Portable", "Chrome Portable"などです。クッキーなどもフォルダに保存されるので、違うユーザーでログオンしても、全く同じ環境で使えます。最近はポータブルアプリとウェブアプリを多用しているので、再インストールも、違うバージョンのOSでデュアルブートだって怖くない。

・クレジットカードかペイパルアカウントを用意しましょう。
2つしか支払方法が選べませんでした。

・時間はどれくらいかかるのか?
結構かかります。今回はすべてWiFi(無線)経由で行ったというのもあり、バックアップ1時間、ダウンロードと検証で1時間あまり、インストールに2時間程、トータルで4時間近くかかりました。

○準備は揃った。ダウンロードを。
・いきなり「非対応デバイス」といわれてしまったけど大丈夫?
ネットブックの多くは、インストールの前にこう言われます。
「お使いの PC のファームウェアではセキュア ブートがサポートされていないため、Windows 8 で使用できません。」
この「使用できません」の主語は「セキュアブートが」です。インストールはできるけれども、入れてもセキュアブートの機能は使えないという意味です。「お使いのPC」には問題ありません。セキュアブート機能があるとデュアルブートができなくなったりするらしいので、むしろ無いほうが良いようです。

・Microsoft Office 2003が「非対応のアプリ」と言われた。アンインストールされるの?
まず、XPまたはVistaからのアップデートの場合、すべてのアプリケーションの再インストールが必要になります。7の場合、Starterであっても、元々入れていたアプリケーションソフトのほとんどが再インストール無しで動いています。

さて、一部で「非対応アプリがアンインストールされる。Office2003は非対応なのでアンインストールされる」と言われているようですが、Office 2003は公式に非対応なだけでアンインストールされるわけではなく、インストール後も普通に使えております。アップデートが手動になるんじゃないかな?くらい。ちなみにアンインストールを促されたのはMicrosoft Security EssentialsとBluetoothのアプリだけでした。

なお、Office 97はWindows 7の段階で非対応。システムがえらいことになることがあるので入れてはいけません。Office 2000はWindows 7でExcelの一部機能非対応でした(オートフィルを作動させるとアプリが落ちる)。多分継承していると思いますが、一度入れてみようかな。

(追記)
今回Windows 8インストール後、通常ユーザーだけがOffice 2003のアプリ起動時に追加インストールCDを要求を要求されるようになりました。インストーラーでCABファイルのある位置を参照させてもエラーになり、調べても有用な情報がありませんでした。しかし、当該CABファイルを"C:\MSOCache\All Users"内のCABファイルが幾つかあるフォルダにコピーしたら直りました。

・手順は?
1)「購入」を押す 2) 非対応のチェック 3) 購入手続き(住所やカード番号を入れる) 4) ダウンロード 5) 検証

実はここまでで止められます。「いますぐインストール、メディアを作って後でインストール、ハードディスクから後日インストール」の3つを選べます。したがって、インストール用のメディア(多分DVD)が作れます。アップグレード用のメディアですが、Windowsってアップグレード用メディアからクリーンインストールができるんですよね。

6) インストール 7) ユーザーの登録
この2ステップが2時間かかりました。ユーザーの引継ぎが多いほど時間がかかると思われます。

・インストールするマシンでない速いマシンでダウンロードしていいの?
途中でインストールメディアを作って止められるので、ひょっとしたらデスクトップでメディアだけ作って、ネットブックなどのPCにはそれからクリーンインストールすればいいのかもしれないなと思いました。やってないのでわかりませんが。

・その時インストールしてしまって、後でメディア作れんの?
3年間で5回までダウンロードできるそうなので、後からでも作れます。
http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/w8itpro/thread/7321693e-47c3-4bd0-9b6e-facba9779a78

・その他注意すべき点は?
確認のメールは、Gmail, Yahoo, Hotmailを使用することをおすすめします。何しろそこに再インストールに必要なシリアル番号が送られてきますので、その情報にどこからでもアクセスできることは重要。

○EeePCにインストールすると…。
IMG_5920.jpg
しばらくすると、インストールが完了します。さあ、起動。
で、いきなりエラーが出ました。それを含め、EeePCで困ったことが幾つかありました。

・ACPIドライバが入っていないエラーが連発。消えない。
・Fnキー関連が使えない。

ACPIとFnキーについては、同じ作業で解決します。
1) まずASUSのサイトで、サポート>ダウンロードで、自分のモデルのWindows 7用のドライバを探してください。
2) ATKというところをクリック。
3) ASUS KB Filter Driver and Utility for Windows 7 または HotkeyServiceを選択。
4) KB Filterをダウンロードした場合は、フォルダの中のHotkeyServiceを開く。
5) インストールする。

HotkeyService以外は「このOSにはインストールは出来ない」と言われてインストール出来ませんので、奥まで開くのがポイント。
これでなぜかACPIエラーは出なくなるはず。また、Fnキー関係(例: 音量、Fn+F2でBluetoothや無線のオンオフ)も使えるようになるはず。

・デバイスドライバに"?"マーク。
デバイスドライバに出ている"?"は、Bluetoothです。知らぬ間に消えていたので、解決したのかもしれません。Bluetoothドライバ入れたっけな…?入れると解決するかも。

・強制高解像度(圧縮)モード
さらに、メトロアプリを使うにしろ使わないにしろ、設定しておきたいのが画面の圧縮モード(解像度1024x768)です。Win 7と全く同じ(レジストリ "Display1_DownScalingSupported"の変更)なので、こちらを参照のこと。
「EeePC 1005HAの解像度を何とかしたい」
http://tikuo.seesaa.net/article/151106732.html
「ファイル名を指定して実行」は " Win + R"です。
これで 一応メトロアプリも動くようになります。ワタクシ的にはプレゼンのプロジェクター対応で必須。

ところで、設定を入れた後に圧縮モードになり、解像度が戻せなくなった場合は、解像度の設定の「詳細設定」またはタスクトレイからインテルドライバの設定を起動して1024x600の解像度に戻せば大丈夫です。

○EeePCにWindows8を入れて良かったこと。悪かったこと。

・マルチモニターが使えるようになった。
これが目的だったので、満足。外付けモニターの解像度が1980x1080でもちゃんと出ます。

・遅くはならない。
ごく少数の項目を除き、Windows 7と変わらずスムーズに動きます。早くなることはありません。ACアダプター接続状態でしか使っていませんが、ちょっとファンが回ることは多いかな。7に較べ、バッテリーは1割くらい持たなくなるかも(ちなみに、XPと7だと2割程度7の方がバッテリー食いです )。

・起動は早い。
言われていたことですが、起動が早くなります。BIOS読み込み画面表示と、Splashtop OSとのデュアルブートを使っていても60秒ほどで起動します。デュアルブートを外しておけば30秒くらいで起動するんじゃないでしょうか。Win7までに存在した、デスクトップが表示されてから2〜3分(XPだと5分くらい)操作不能の時間はほぼ無くなりました。たぶん使っているうちに長くなっていくんだろうけれども。

・メトロのアプリは使えない。
解像度を無理くりあげれば使えますが、「だから何?」なアプリしか無いので影響はありません。

・メトロは微妙。
windows8-1.png
ランチャーとしてのメトロは有りかと思うんですが、ブラウザ(Chrome)とコントロールパネルとSAIくらいしか起動しません。他のソフトは関連付けしたファイルを開くんで、例えば毎回Wordを白紙から編集し始めることはなく、ほとんどの場合は書きかけのファイルを開きたいわけです。これ、Win 7のスタートメニューをスクロールにした時に散々言われてきたことですが。

・一部ソフトはデスクトップかメニューバーにショートカットを作成。
メニューバーにピン止めというのは、いわゆるクイック起動です。画像編集ソフトなどは、「ファイルをアイコンにドラッグして開く」を多用すると思います。その作業がメトロメニューではできません。

・設定はコントロールパネルを。
ここまでコントロールパネルがWindows 7と同じだとは思わなんだ。ただ、「ペン操作」が無い。コンピューターのプロパティにも「対応していません」とか出てるし。せっかくproを入れたのに、7から導入されたペン入力の設定が無いのはなぜだ?Starterにアップグレードしちゃったからか?

・あれ?エアロは?
windows8-2.png
Vistaから導入された、ウィンドウが透明になるエアロ。Windows 8にしたら透明じゃなくなりました。すごく困ることはないんだけど。"Win + Tab"のエアロフリップもありません。ま、使わないんだけど。

ちなみに、Win7までにあれやこれや元からたくさん入っていたテーマや壁紙は、最小限になってます。これはテーマはMSのサイトからダウンロードして使って欲しいという意味らしく、余計なデータが入っていない分好感が持てます。

・Splashtop OSとの共存は?
IMG_5921.jpg
ちゃんとSplashtop OSとのデュアルブートが可能のままになっています。しかもグラフィックで表示とは。しかしSplashtop OSはすでに公開停止されており、これからインストールするのはちょっと困難。最近はSDカードからAndroidを起動するほうが多くなって来ましたしね。

・困るところ(1) アプリの終了
メトロアプリ(デスクトップ含む)は、左上にマウスカーソルを持って行くと、何が起動しているかわかりますが、終了方法がどこにもないんですね。答えは、「画面の上辺を持って、一番下まで引き下げる」です。これをインストール後に本屋で知ったという…。
ちなみに、この押し下げる感度がすこぶる悪い。ウィンドウが重く、しかも途中で離すと復活するということが多々あります。対策法としては、使わなければOK(ネットブックは標準ではメトロアプリが動かないので)。

・困るところ(2) シャットダウン
Windows 95の頃の笑い話で、「終了させたいのにスタートを押させるとはどういうことだ?」というものがありましたが、今度はその「スタート」がなくて混乱します。一番いいのは右からメインメニュー→設定→電源→シャットダウンという流れ。ただ、めんどくさいので、ショートカットを作っちゃおうかなと思ってます。どこに置くかなあ。
・Windows 8をシャットダウンする7つの方法
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1722648.html

○今までのWindowsのほうがいいと思う人には。

Classic Shellというソフトを入れることで、メトロを無効にして、従来のスタートメニューを使うことができます。
http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-680.html

これじゃ、Windows 7と同じじゃないかって?
そのとおりです。Windows 8は、Windows 7のメジャーアップデートみたいなもんですから。
なにしろ、Windows 7 Home Premiumにアップグレードするには3倍のお値段がかかりますからね。
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/windowsanytimeupgrade/starter.aspx

・では、タッチパネルPCやタブレットに使いやすいか?
ワタシは使おうとは思いませんね。Windows 7からほとんど変わっていないもの。

・Windows 7のPCとWindows 8のPCが売っていたらどっちを選ぶか?
安い方を選びます。一緒だから。
posted by tikuo (ちくお) at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック