2018年10月21日

Tree pruning.

rakugaki410.png
【剪定】SAI2/Intuous
涼しくなってきたということで、懸案だった庭関係を開始。キンモクセイも終わったし、そろそろ植木を切る季節かな?とようやく始めたところ、まだヤブカの大群に襲われるわけで、玄関先の数本とキンモクセイと、形の整ってなかったアジサイをばっさりと切って、撤退。11月くらいの蚊がいなくなって葉っぱが全部落ちた頃に、もう一度切ることにする。

CIMG0758.JPG
今年は暑かったせいか、木が上に上にと伸びてきているのだけど、柿やピラカンサなどの実も多い。これは隔年でそうなるんじゃないかなとか、去年の剪定がうまかったから?それはないか。柿は実が終わったら小さく刈り込まないと、来年巨木になってしまうのであるよ。しかし、近所に配ろうにも、埼玉〜茨城あたりって、各家に1本以上は柿の木があるようで、みんないらんわなあ。

●秋葉原に行ってきた。
関東に出てきたのが2004年。それから3〜4年かなあ、秋葉原は非常に魅力的な街に感じたし、何かって言うと行っていた気がする。コンピューターのマイナーなパーツ、テンキーレスのキーボードや、サトームセンの腕時計アウトレットなど、そこでしか買えないものがあった。MP3プレーヤーブームで、今の携帯電話のようにMP3プレーヤーが百花繚乱(でもヨドバシなどではほとんど見ないし高い)という時期。あきばおーでキーボードと一緒に変なグッズを買ったり、今はない謎のジャンク屋でFMトランスミッターやMP3プレーヤーを買ったりしていた。

しかし、2008年頃だったか。秋葉原ヨドバシが定着した頃、普通の家電店はヨドバシに対抗できなくなり、閉店していった。サトームセン、ヤマギワ(火災もあったが)、ソフマップも規模を縮小。2010年ごろ、ノートパソコンの内蔵ハードディスクを買いに行ったところ、その影響がどう出ているのかを目の当たりにする。一言で言うと、高くなった。コンピューター関連パーツは、送料無料の通販で買ったほうが、電車賃分が無駄にならない。

時は流れて2018年。秋葉原といえば、角の浜田電機でSDカードとUSBメモリを買うくらいになってしまい、後はスルーして上野まで歩くということが増えた。

さて、先日、東京駅に夕方まで用があり、その足で上野まで歩いてみたついでに、秋葉原を通ってみた。浜田電機を目指して歩いていると、高架下に聞いたことのある店が。「オヤイデ電機」。知る人ぞ知る、というか、ギター関係のブログで頻出のケーブル屋さんである。先日書いたとおり、ケーブル自体はジャンクのUSBやFireWireを調達するのでいらんのだが、プラグが欲しい。それもL字の。ということで、店頭を漁ってみたが、高い。

ふと振り返ると「ラジオデパート」があるではないか。ほとんど入ったことのない、謎のパーツ屋が地下から地上4階までひしめいている。その入口に、欲しかったL字のプラグが100円だったので購入。中も軽く回ってみたが、プラグを売っている店は少ない様子。

そうだそうだ、秋葉原というと、こういう電子部品の店が面白いじゃないか、ということで、定番の秋月、千石の両店へ。昔はコンデンサを買ったりしたので、てっきりそういう店かと思っていたら、千石電機の2階はギター屋さんだった。いや、ギターは1本も売ってない。売っているのはギターのパーツ。楽器屋でも、ここまでたくさん売っていないし、怪しいメーカーのピックアップから、変な色のピックガード、ブリッジのコマだのがバラ売りで買える(安くはない)というのに興奮する。

あとはですね、秋月・千石の並びに「ジャンクスマホ専門店」という店も良かった。その名のとおりで、裏側角の傷なんかはやさしい方、液晶は割れているわ、バッテリーは膨らんで裏蓋が跳ね上がっているわのオンパレード。ただし、ワタクシが未だに現役で使っている、Android 2.3〜4.2の端末は、結構傷有り無事なのが多く、1980〜2980円程度で売られているので、ついレジに持っていきそうになってしまう。もっと状態の良いものが通販で買えるので、持ってかないけど。一時期買おうかと思っていた、SO-02FやF-02Gは、バッテリー膨張しやすい機種だっていうのはよくわかりました。

その他は、はじめて秋葉原ハードオフもちょっと寄ってみたけど、こちらはキレイすぎて購買意欲はわかず。気になったのは、上野側の端っこのホコリまみれの店で中古SSD 128GBが2500円で山積みになっていたのくらいですかね。Eee PCに入れようか本気で悩んだ、けど、1TBくらいの安いHDD(ネットのほうが安い)の方が良いかもと断念。

いやいや、ZOAもクレバリーも無くなって、見るところが無くなったかと思っていた秋葉原だけど、やっぱり雑然としている部分は面白いじゃないか。対局にあるヨドバシカメラやビックカメラは、品物は整然と置かれ、必要なものは買うけれども、その他はほとんど購買意欲を刺激しない。何かを作るとか、楽器をいじる、スピーカーやアンプを作る、Arduinoで新しいものを作るなど、なにか行動を起こすことによって、秋葉原って面白い街に変わるのである。

●ということではんだ付けです。
CIMG0704.JPG
L字のプラグが欲しいねえ、と書いていたわけで、秋葉原で見つけてきた。シールド側は、108円のキョーリツシールド。
CIMG0706.JPG
CIMG0707.JPG
ぶった切って剥いてはんだ付け。アルミの膜が見える。信号線(ホット線)をやろうとして、はんだが弾かれて左に落ちてしまった。ま、ええか。
CIMG0710.JPG
こう接続されていたシールドが、
CIMG0709.JPG
すっきり。
子供が触りたがるんだけど、ジャックが床に当たって折れそうだったので気になってた。これでスッキリ。
CIMG0708.JPG
端っこがワンペア余った。そういえば、電子ドラムと接続しているシールドも、L字のほうが邪魔にならないな。

●ついでにストラトさん。
CIMG0756.JPG
ピックガードの下が汚かったのと、ピックアップセレクターが、弾きはじめに音が出ない事があったので、弦交換のついでに分解して掃除と接点復活剤の注入。30年近く前に買ってからはじめての分解。

さらに、15年ほど前にロックしていたトレモロを、久方ぶりにフローティング化した。多分使わないんだけど。

CIMG0757.JPG
ブリッジもばらしたので、オクターブを合わせて完成。トレモロをフローティングにしたので、何回合わせてもチューニングが合いません。だから固定していたのだ。弦を外すところから2時間かかった。

●Amazon Fire TV stick
CIMG0680.JPG
7月のAmazon のプライムデーでFire TV stickを購入。1500円引きの3480円。

もともとウチのテレビには、Androidスマホ(SH-02E, Android 4.1, MHL接続)が接続されており、コンセント(USB-ACアダプタ)を挿して、bluetoothマウスのスイッチを入れたら、テレビでYoutubeやPrime Videoも見放題だけど、huluを皮切りに、GyaoなどのアプリがAndroid 4.4以上対応になってきたため、一部アプリは見られなくなってきた。

Android 4.4以上のMHL対応スマートフォンは、富士通の数機種しかないし、Android 6.0以上には皆無なため、今後はChrome Castなどのキャスト系かな、などと思っていたけど、プライム会員だからAmazonでええんちゃう?と思ったので購入してみた。

○接続は極めて簡単。家族で使う場合、PINコードの設定は重要。
繋ぐ、電源をつなぐ。以上。Amazon会員情報は最初から入っている。
あとは一部だけPINを使う設定にし、有料ビデオには使ったほうが良い、WiFiのパスワードを入れて完了。

PINコード入力に関しては、Youtube等の社外アプリを起動するたびにPINを要求してしまうことがあるが、設定が間違ってます。

と言いたいところだけど、運が悪い人は音声検索に失敗し、無線LANルーターごと落ちることが頻発する。ウチがそう。
解決法は、Fire TVのアカウント設定でAmazonからログアウトし、もう一度ログインする。これで多分大丈夫になる。リモコンアプリが使えない人も、多分これが原因。

○設定。アプリのアップデートも止める。
設定ついでにやることというと、アプリのアップデートを止めておくこと。あまりやられていないと思うけど。Abema TVが、気がついたら縦スクロールになっていたりして、基本は自動アップデートのようなので、止めておくことをおすすめする。

○便利。
やっぱりPrime Videoをザッピングして見るのは便利。
AndroidのMHL接続よりも、接続初期から高画質で再生される。ただ、Primeマークが付いていないので、お、こんなん有るやん→有料という流れが増えたのはマイナス。

○画質は良い。
ウチのテレビがHD画質なのは置いといて、MHLもFire TVも、出力はFull HD (1920×1080) のはずである。しかし、Fire TVの方が画質は良く感じる。出力側で解像度を検知してフィットさせているのかもしれない。また、最近の動画・ストリーミングでは、見始めは荒く、ある程度バッファされると画質が上がることで、映像が止まることを防いでいるのだが、Fire TVだと、Prime Video、Youtubeとも、荒い時間がほとんど感じられないのは、ストレス低減に大きい。

○Youtubeは?
Youtubeをバリバリ検索しまくる人には向いてない。1語程度で検索して、トップ10くらいを見ている人には非常に使いやすい。ウチの場合は、ある程度見た上で、Homeでターゲティングしてくるものを見ていることが多いかな。ログインはせず、時々履歴を全消去する。

○Amazonらしさとは?
Amazonらしさと言うと、なんでもAmazonで検索させて購入させようとしそうなものだけど、通販系のアプリはないのだな。Amazonで変な物を探したりしたかったな。UIの問題なんだろうけど。

○基本的に入力系はのきなみダメ。
まず、文字入力がきつい。フリック系の入力が想定されておらず、50音表が出てくるうえ、十字カーソルで選択するので、文字を選ぶのがめちゃくちゃしんどい。しかも、ホーム画面とYoutubeで、あかさたなの並びが左右逆なのはなんでや?

・音声入力?アカンでしょ?
音声入力が売りのFire TV stick。音声入力は出来はする。例えば「孤独のグルメ」とやると、プライム対応のあの番組が出てくる。それは良い。そこで、ブラウザやYoutubeでもと思って検索するわけです。
「さいたましんとしん」
 埼玉神と神
 サイタマ神と神
 さいたま神と神
他に選択肢ないんかい?(常に3つしか出ません)
とにかく精度が低すぎる。ネットで「音声検索が優秀」と書かれていたので期待していたけれども、これではほぼ使えない。

子供はマイク関連のおもちゃが好きなので、音声認識も面白がっているが、言った単語の1割もまともに認識/変換されない。これでええんかしらん?

また、検索できるのは1語のみ。2語や3語を想定した検索(例: 大宮駅 ランチ)は全くできないので、音声入力の利便性がほぼない。これ、英語圏の人はどうなるんだろ?と思っていたら、英語圏では「Alexa内蔵Fire TV」が売られているとのこと。

・マウス
CIMG0681.JPG
しんどいので、bluetoothマウスを接続してみたけど、カーソルは出てくるが文字の選択はできない。アホかーという感じ。なんのためのマウスなのかと思えるレベルで買う必要なし(なのだが、アプリによってはマウスでないと項目選択ができない)。AndroidのMHL+bluetoothマウスなら、普通にフリック入力ができるので、効率がぜんぜん違う。

・キーボードも一応つないでみるか。
iPad/Android(Win)対応のBluetoothキーボードが余っているのでつないでみたけれども、ものすごく便利にはならない。2語の検索はできるようになるが、日本語英語の切り替え方が不明。ネット上にはShift+スペースと書かれているが、機種によって違うのか、半角しか入力できない。ほとんどの場合、アルファベットのローマ字で出てきはするけれども。

ブラウザではリモコンの十字ボタンはキーボードのカーソルに対応しており、これはそれなりに使えるのだが、「クリック(中央ボタン)」と「戻る」が使えないので、常にリモコンは横に置いておかなければならない。ということで、早々にキーボードとマウスはお蔵入り。

・リモコンアプリも今ひとつ。
Android/iPhone用にリモコンアプリがあるのだけど、これもいまいち。カーソルが出ないのにタッチパッドみたいなもので操作させられるうえ、気がついたら選択していた、ということが多い。また、WiFi経由で接続しているらしく、一度接続が切れると、再度Fire TVの選択という画面に戻る。

文字入力がフリックでできる(ことがある)のは良いんだけど、結局リモコンと併用する必要があるのはなんとも。

○ブラウザはおまけ程度。
一応ね、ブラウザもSilkとFirefoxが使えるんですよ。ただ、スクロールが非常に面倒だったり、拡大縮小がうまく出来なかったりと、なんかいまいち。マウスを繋げば大丈夫かなと思ったけど、そうでもない。リンクのクリックが出来ないことがあるので、そこはリモコンを使うしか無い。

どうしてもブラウザを見たい場合には、Fire TVにはMiracast機能があるので、手元のスマートフォンやタブレットの画面をミラーリングして、テレビ上で見ればよろしい。子供の通う幼稚園では、ブログをやっているのだけど、Fire TVで苦労して表示できたとしても、写真の拡大ができないのでダメっぽい。ダブルクリックも使えない。

ブラウザを使うなら、MHLの方が便利だ。

ふと思ったのだけど、Firefoxなんだから、広告ブロックが使えるんじゃないの?
もしくは、Dolphin BrowserでJetpack (広告ブロック)をインストールしてみるか。

○アプリ
Abema TV, Gyaoの2つは、まず入れるべき。ニコニコ動画も使えるが、見たい動画がなさすぎる。その他はあんまり無いなー。アプリのアンインストール用にES ファイルエクスプローラーは入れておくこと。しかし、ESファイルエクスプローラーもDropboxは接続できない。アプリを入れる場合は、OneDrive経由を使っている。

上記の通り、OneDrive経由でファイルを共有すれば、スマホ用のアプリを無理やり入れられることもあるのだが、結局タッチ(マウス)が前提になっていて、ボタンが押せない、検索ができないということが多い。たとえば、Youtubeアプリを入れるに入れられるが、アプリの開始にマウス必須な上、検索もできない。なお、使えそうと思ったDlifeは通知機能が使えないというエラーが出たため、インストールができず。これらの場合、ブラウザ経由で見られる?

ちょっと見るアプリ的に、天気予報などを探してみたけど、使い物になるのは無さそう。この辺も、Alexa内蔵型になれば解決するのか。

○良いのかダメなのかと言われると、悪くはない。以下羅列。
・Prime Videoのダラダラ見には最高。
・一部のダラダラ見対応の動画アプリも快適。
・Android 4.1のスマホよりは対応アプリが多い。
・Youtubeも簡単な1語検索をして、その後ザッピングする。
・マウスやキーボードはわざわざ買わなくても良い。
・ただし、非対応アプリ(apk)を入れたい場合は、マウスは必須。
・Google MapsやブラウザはMiracastを使ってスマホ/タブレットに映したものをテレビに映せばよい。
・MiracastでSH-08Eでワンセグ/フルセグ/録画したテレビは見られない。

奥さんも、最近はMHLのスマホ経由以上に使うようになっている模様。

●最近のピック(小ネタ)。
CIMG0712.JPG
最近使っているのは、ハードオフのピック。ちょうどいい。

はオードオフのギターストラップ(540円)も気になっているが、買ったところで人前で弾くことがないので、ネタとしてイマイチかなあと買っていない。ちなみに、ピックは大概のハードオフで買えるが、ギターストラップは新潟の本店、吉祥寺店と、ネットには情報がないものの、上野店で買える。
posted by tikuo (ちくお) at 08:26| Comment(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

Squall.

rakugaki409s.png
【突風】SAI2/Intuous
"squall"は、発音すると「スコール」。日本で言うところの「通り雨(突然の雨)」というところだけど、もともとは「突風」の意味なんだと。へー。突風という意味では"blast"もある。

似たようなつづりの単語だと、squirrel がリスで squilla がシャコ(海の)。qualleがクラゲで、「電脳筒井線」で「クオール」「シークオール」とか言ってたの何だっけ?動物系の単語が多い。quarrelはけんか、sequelは続編の意味。

全く関係ないけど、「The かぼちゃワイン」の作家の三浦みつるが引退を表明していたようで、最近知ったのだけど、2000年ごろに「かぼちゃワイン sequel」という短い連載をやっていた。その単行本が、Amazonで3800円に高騰してるんだけど、そこまで高評価される作品なのか?

●災害いろいろ。(自分用メモ)
子供の運動会も無事に終わったけれども、イラストの通りの台風が21合、じゃない、21号、24号、25号と立て続けに来て、24号の混乱時に大阪にいたもんだから、新幹線立ち乗りになりました。東京から京都まで立ち乗りはやったことがあるけど、完全満員時はデッキは辛い。通路が細すぎて、前の人とくっつきそうになるので。新幹線の自由席は、ボタン一つでつり革が降りてくればいいのにね。

ちなみに21号は、実家でケーブルテレビが断線になり、通信関連全部ケーブルテレビにまとめていたもんだから、テレビだけでなく電話もネットも使えなくなった。そういうリスクもあるんですなあ。

関東にいると、地震は全く他人事だったのだけど、電池で動くラジオは欲しいかも。

●大阪に行ってたのだけど。
CIMG0667s.jpg
ずっと仕事をしていたようで、全く写真がない。上も仕事中の写真。

●いろいろ壊れる2018年。
2018年、まだ3ヶ月あるのだけど、まとめると「いろいろ壊れる」。
・エアコンが1つクーラーにならない(これは元からかも)。
・Winタブレットのタッチパネルがおかしくなってタッチで操作できない。
・コンパクトデジカメの電池蓋の爪が折れる。
・MP3プレーヤーのイヤホン端子がやや怪しい(庭仕事で引っ掛けた)。
・モバイルバッテリーで0.5A出なくなってた。

他にもあるけど、買い換えはなかなか進んでいない。で、この間の大阪出張で、ノベルティでモバイルバッテリーをもらったので、交換することに。もともと有ったのは、2300mAh (2014年に500円で購入 http://www.tamadenco.co.jp/products/itemDetail.php?item_no=382 )。
CIMG0676s.jpg
2000と2200mAh。
まあ、全然使ってないので、このくらいの大きさでいいです。

0.5Aすら出力できなくなったバッテリーは、電気屋さんにゴリ押しして回収してもらいました。

●いろいろ買ってる2018年。
壊れているものだけではなく、いろいろ買ってたりもする。ちょっとずつ記事にできそうなので、ひとつずつ。

●kobo gloを買った。
今更ながらのバージョンアップ。少し前にバックライト(電子書籍端末の場合、フロントライト)付きは当分いらないな、などと書いていたのだが、舌の根も乾かぬうちとはいえ、2000円で売ってたら買うでしょ。

○kobo touchからの変更点。
今更だが、kobo touchからの変更点としては、CPUの高速化(体感で3倍程度)、解像度が2倍(600x800→758x1024)、フロントライト付き、ホームボタン無し。背面カバーの形状のせいか、少し重くて厚くなっているようで、今まで使っていたケースに入れると、チャックがきつい。筐体サイズとしては、縦が5mm程度短い。

CIMG0570s.jpg

最近話題の新iPhoneではないが、使い慣れたホームボタンがないのは、意外に不便だったりする。この本一旦やめよう、からの3タップはめんどくさい。本を選ぶための3タップは苦にならないんだけど。まあ、電子書籍端末は、もうホームボタンの時代ではないのかも(って何年前の話題や)。

CIMG0572s.jpg
あんまり変わらないなと思っていたが、解像度2倍になった影響で、多くはないが自作の漫画ファイルが一部ぼやけるようになったため、作り直しを余儀なくされている。その際に、シャープネスをかけすぎると、今度は細すぎて読めない。解像度が上がることで、1ドットの大きさが小さくなるのだった。これは盲点。ファイルサイズも2倍に大きくなるし、自作派の人にとって、電子ペーパー端末は解像度が上がったからとホイホイ買い換えるのはよろしくない。

ただ、レスポンスが早くなったのは、間違いなく良くて、遅いと本を追加するのすら億劫になるのである。また、CPUが早くなったからか、自作本をちゃんと認識しなかったり、昔作ったCBZファイルを転送したらファイルが壊れていたりということは少なくなった。ただし、放っておくことでのCBZ破損は起こるので、結局CBZの前段階で保存しておくしか無いのだよ。理由はわからないが。

小説では、上下左右の余白が増え、kobo touchと同等の情報を表示させようとすると、文字が二回りくらい小さくなる。これは慣れが必要。ファームウェア3.x用のconfファイルにフルスクリーンコマンドを挿入するのはでき、文字がいい感じの大きさにはなるのだが、今度は最下段の文字が切れるようになる。文字の大きさが、ちょうどいいサイズの少し小さめと少し大きめに表示されてしまう。

CIMG0573s.jpg
余白がまったくないのも困るけど、ちょっと空きすぎじゃない?(左側)と思って並べてみたら、文字が小さい以外はさほどでもなかった。多分上下それぞれ3mmくらいずつ余白が広がっているんだけど、使っていると結構気になる。

ファームウェアのバージョン(4.8.11073)のせいかと思って、touchと同じ4.6.9995に変更してみたが、全く改善されないので、これはハードの仕様によるものであろうという結論。ところで、kobo touch C (N905C)とkobo glo (N613)で、全く同じサイズのファームウェアファイルがダウンロードされる。番号が同じなら共通なのかしらん。

参考
・文字を太くする。
 http://soranoji.air-nifty.com/blog/2014/04/kobokpgfw330-6b.html

・epubで全画面にする(confをいじる)。
 http://soranoji.air-nifty.com/blog/2015/02/kobo-fw3131-aab.html

・ファームウェアのダウンロード (ユーザーは要ブックマーク)
 https://pgaskin.net/KoboStuff/kobofirmware.html

○やったこと

読みやすさを改善するために、結局フォントを追加するほうが良かった。結局、使い慣れたKBMinchoMを追加。KokinMinchoもいつもどおり追加したが、多分使うことはないであろう。

・青キン明朝、Kobo明朝。
 http://soranoji.air-nifty.com/blog/2013/02/kobo-b722.html

あと定番の内蔵メモリを16GBに換装。外付けは8GBくらいを挿す予定。本の出し入れが落ち着いたら追加する。

そんなもんかな。
CIMG0579s.jpg
フロントライトは…この写真だとよくわからんな。
海外に行くときと、風邪等で寝込んでいるときには重宝しそう。しかし、長年期待していただけに、変えたインパクトは意外になかったな。

しかし、さいたま市内は、比較的中古の電子書籍端末が売られている方だと思うのだけど、タマ数の多いkobo touchを始めとして、kobo関係はほとんど見なくなってしまった。一方でkindleはまだいくらか見かけるうえ、paperwhiteは、安ければ1980〜4000円程度で売られているので、あれも一度買ってみようかな。内蔵メモリが4GBと少ないのが欠点だけど、Amazonのほうが無料本を探すのが楽だし、本を入れたり消したりも楽そうだ(koboは、消しても同期のたびに全部入る)。

○kobo touch
kobo touchは、これまでに書いていたとおり、2台持っている。初代が2013年11月購入で、それを使い続けて5年間。充電は1ヶ月に1回もしない。ファームウェアも最近は安定しており、全く問題はない。

1台は人に貸したりする為においてあるが、もう一台はどうしようかな。楽天で1巻無料を集めて、単発漫画だけの漫画端末にしようかしらん。トイレに置くのも悪くないかも。

●やりたいこと。
本当は、今回の記事も、カットをいくつか描こうと思っていたけど、ちょっとできずじまい。ギターの弦を買ったのに替えられていないし、そろそろ植木を切らないといけない時期。カーテンのついていない窓枠がいくつかあり、壁の下地チェッカーまで買ったのに、1個しか付けられていないし、ドラムの練習はしていないし…。

一つずつクリアしていくという意味で、まず更新をしてみた。

それから、kobo gloもだけど、「あれ買いたいな」と書いておくと、言霊のせいかなぜかお得なものが見つかるような気がするので、毎回ちょっとずつ欲しいものを書いておくか。
・Winタブレットを買い替えたい。
・NikonのD3300くらいでいいいので、動画も撮れるちょっと新しいやつが買いたい。
・ブルーレイレコーダーを買い換えるというか、HDDレコーダーのちっこいやつってどこかで売ってないの?

際限なく行きそうなのでやめとこ。

●小ネタ。
CIMG0553s.jpg
IKEAでICCエラー。
小ネタ漫画2〜4コマも描きたいな。
posted by tikuo (ちくお) at 09:22| Comment(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする