2018年07月22日

【モブログ】ぐにゃり。

DSC_0985~01.jpg
右から音が出ないと思ったら。

暑さで?
posted by tikuo (ちくお) at 10:29| Comment(0) | moblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

Have a nice day, take care !

rakugaki399s.png
【いってらっしゃい。きをつけて】SAI2/FAVO
「行ってきます」にしようかと思ったけど、やっぱり親の視点になってしまう。ウチの子供の幼稚園は制服で、夏服はこんな感じ。もちろん少しフェイクを入れてますけど。
たまには平筆で描いてみようと思って描いていて、途中で濃さが35%だった(最大値の濃さではない)事に気づいたけど、これはこれでマーカーペンぽくて面白い。前もおんなじようなことも気づいていたような気がするけど、まあいいや。車輪の再々発明。

●地震・雷・雨。
しばらく更新していなかった間に、大阪で地震と大雨がありましたな。備忘用に書いておく。

●ワールドカップ?
あーワールドカップも終わってた。そうそうそう。フランス優勝。直前にイングランド柄のカバンを買ったので、イングランドが優勝したらしばらく使えないじゃないかと思ってたら4位だったので使ってる。

●ドラム。
ドラムと言うかギターと言うか、やってないわけではないんだけど、あんまり触ってません。理由は暑いから。防音室は二階の西側にあり、天窓も開いているせいで朝から暑い。夜にギターに触ってみたら、結構熱くなってるんで、ちょっとどころかかなり不安になる感じ。木ですから。
そこで、その部屋についていた(中古住宅なので)エアコンを付けてみたんだけど、多分冷えてない。これで2年過ごしてたんか。買わねば。

○ドラムとギターのリハビリ曲。
ドラムはまだ初めて3ヶ月、ギターは十数年ぶりなので、ぱっと弾ける曲というのは限られるわけなので、初心者やリハビリの人にはいいですよーという曲3曲。


Mmmbop / Hanson

3コードでギターは簡単。オーバードライブを薄くかけて、ピッキングで表現する。ドラムもところどころ連打があるくらいで、ほぼ8ビート。


Braking The Law / Judas Priest
ギターはなんとなくで弾けるし、ドラムも概ねシンプル。欧米での X "紅" (ドラムが叩けるようになったら一度流行ってみたい曲)に相当する "Painkiller" とは全く違う。メタル/ハードロック曲の今感というのは、ドラムが作っているってのがわかる。


Rainbow / Meja
ギターは難しくないんだけど、ところどころコピーできない。ドラムは上記2つに比べてちょっと難し目。リズムが曲を引っ張っている感じがあるので、気持ち良い曲。

●カゼひいてましてん。
この1ヶ月くらい何をやっていたかというと、カゼをひいてたんですね。せっかくなので経緯をダラダラ書く。

6/24
喉に違和感がある。にもかかわらずプールに行く。
rakugaki400.png

6/25
朝からのどが痛い。
夕方に頭痛がし始める。やや発熱 37.5℃くらい。

6/26
発熱38.0℃
目の奥が痛いので休暇。1日寝てる。
rakugaki401.png

6/27
微熱37.2℃半日休んで寝る。午後光を見ると目の奥が痛い。

6/28-29
rakugaki402.png
熱はひいたが、咳が止まらなくなる。3時間くらいしか寝られず。
この辺で味覚障害発症。
いつもは鼻からくる味覚障害で、酸味と塩辛さ以外が感じられなくなるのだけど、喉がおかしくなったからか、酸味と甘みが残るという珍しいパターン。
咳をしすぎてのどがすぐ乾くので、甘みのない炭酸水を飲むようになる。

6/30-7/1
左耳が詰まったような感じ。
咳が止まらぬ。
味覚障害は復活。

7/2
診療所で咳止めをもらう(メジコン、ムコダイン)。

7/3
左耳で中高音部が聞こえないことに気づく。
人が話している声の子音部が聞こえないため、左耳で会話がわからない。
自分の声が耳の中で反射してくる。また、常に左耳で高温で蝉のような音(シャー)が常に聞こえる。
ネットで「風邪、音が聞こえない」で調べると「突発性難聴。治らない」という検索結果になり慌てる。
耳鼻科へ。

滲出性中耳炎と診断。
・熱が出ない
・痛みがない
・中耳に液体が溜まっている
・高音部が聞こえなくなっている(ボーカルカットのイコライジング)
・音楽は低音と高音が左、ボーカルが右寄りで聞こえる。
rakugaki403.png

抗菌剤(ジェニナック)、去痰剤 7日

7/4-6
抗菌剤を飲む
このへんで咳がだいたい止まる。

7/7
rakugaki404.png
耳が詰まっている、自分の声が反射する、中高音部が聞こえないに加え、
子供や女性の声では、1〜2オクターブ上の倍音が聞こえる。
左耳でイヤホン、電話が可能なことに気がつく。依然として音楽のボーカルは右寄り。
一生これでも楽器や音楽は楽しめなくはないかと諦めかける。

7/10
再び耳鼻科へ。中耳の液体が減っていることを確認。
抗生物質(クラリス)、去痰剤 10日

7/11-14
抗生物質を飲む。
腸内細菌が死滅しているらしく、お腹の具合が不安定になる。

7/15
倍音が聞こえなくなる。
かなり聞こえるボーカルの位相が中央に戻る。
「んー」というとまだ左耳で跳ね返ってくる。

7/16
「んー」の声が跳ね返らなくなる。

7/18
抗生物質終了。
だいたい治癒かな。左耳の高温セミ(シャー)は聞こえるが、気にしない。
原因は不明。

○今年は咳をしてる人が多い気がする。
電車や店でも、結構嫌な感じの席をしている人が多い気がするし、職場でも2ヶ月くらい咳の止まらない人がいるので、なにか流行っているんじゃないかと思う。人混みに行く際にはマスクを持ってったほうが良いですよ。
posted by tikuo (ちくお) at 08:23| Comment(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする